総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 地デジ難視対策衛星放送の「一時利用」の受付開始

報道資料

平成23年5月31日

総務省

社団法人デジタル放送推進協会

地デジ難視対策衛星放送の「一時利用」の受付開始

 総務省及び社団法人デジタル放送推進協会(以下「Dpa」という。)では、アンテナ工事の遅れ等のやむを得ない事情で、デジタル化が未対応の世帯等について、地デジ難視対策衛星放送を一時的に利用していただくこととし、申込受付を平成23年6月1日(水)から開始します。

総務省及びDpaは、地上テレビ放送のデジタル化により難視聴となる地域に対して、暫定的に地上デジタル放送の番組を送り届ける「地デジ難視対策衛星放送」(平成22年3月からDpaが運用中)について、今般、アンテナ工事の遅れ等でアナログ放送停波時に地上デジタル放送が受信できない世帯等(非世帯施設を含む。以下同じ。)においても、当該放送を一時的に利用(別紙1PDF参照)していただくこととし、本年6月1日(水)から受付を開始します。


なお、「一時利用」の対象、申込手続等は、下記のとおりです。


また、岩手県、宮城県及び福島県並びにその周辺の被災地の方々については、東日本大震災の影響によりテレビが視聴できなくなった方々を対象に「一時利用」(以下「被災地における「一時利用」」という。)を本年4月7日(木)から先行実施しておりますが、引き続きご利用いただけます。



1 対象世帯等

アンテナ工事の遅れ等でアナログ放送停波時に地上デジタル放送が受信できない世帯等。


2 一時利用の内容(主なもの)

(1)   居住地等で視聴できる放送と同系列の東京地区の地上デジタル放送の番組を無料で視聴できます。

(2)   視聴可能な期間は約半年の間です(視聴期間終了時は自動的に視聴制限(スクランブル)がかかり、視聴できなくなります。)。
 なお、被災地における「一時利用」については、必要により延長可能としております。

(3)   BSデジタル放送の受信に必要なBSアンテナ、BSデジタル放送対応のテレビ又はチューナは、各自でご準備いただく必要があります。


3 申込手続等

(1)  所定の申込書により地デジ難視対策衛星放送受付センターにお申し込みください。

 なお、申込書については、当該受付センターから郵送することとしておりますが、お近くの自治体、家電販売店、デジサポにおいても入手可能です。

(2)  申込受付期間は、原則、平成23年6月1日(水)から同年7月31日(日)までとします。

ただし、岩手県、宮城県及び福島県における申込受付期間は、当該地域におけるアナログ放送の停波期日までです。


4 お問い合わせ先(電話番号のおかけ間違いにはご注意ください)

《地デジ難視対策衛星放送受付センター》

電話:0570-08-2200(ナビダイヤル)(IP電話等からは 0453450522

平日:9時から21時まで 土・日・祝日:9時から18時まで



※地デジに関する一般的な質問については、下記においてお受けしております。


《地デジコールセンター》

電話:0570070101(ナビダイヤル)(IP電話等からは 0343341111

平日:9時から21時まで 土・日・祝日:9時から18時まで


《デジサポ》

最寄りのデジサポの電話番号は、別紙2PDFのとおりです。

平日:9時から21時まで 土・日・祝日:9時から18時まで

連絡先

情報流通行政局地上放送課

デジタル放送受信推進室

 担 当:日下課長補佐、渡邉主査、小林主任

 電 話:03-5253-5949

 FAX:03-5253-5818

ページトップへ戻る