総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 国連統計委員会の委員国の選出

報道資料

平成24年5月2日

政策統括官(統計基準担当)

国連統計委員会の委員国の選出

 我が国は、平成24年4月26日に開催された国連経済社会理事会において、国連統計委員会の委員国に選出されました。任期は2013年から2016年までの4年間です。

1 国連統計委員会の概要
  国連統計委員会は、1946年2月16日に国連経済社会理事会に置かれた機能委員会です。国連加盟国の中から経済社会理事会によって選出される24か国からの代表24名(1国1名)によって構成されており、次の事項について経済社会理事会をサポートしています。
  • 各国の統計の開発
  • 各国の統計の国際比較の充実
  • 統計方法全般の改善  など
(注)2012年1月現在の国連加盟国は193か国

  我が国は、1962年以降、1970年から1972年の3年間を除き、約半世紀にわたり国連統計委員会の委員国を務めてきたところですが、2013年から2016年の任期についても、アジア地域の代表国(全体4か国)として再選されました。
2 統計行政における国際貢献

我が国は国連統計委員会の委員国としてだけでなく、国連唯一の統計研修機関である国連アジア太平洋統計研修所の所在国としても、諸外国の政府職員を受け入れています。今後とも各国に対する統計の技術支援及び普及・啓発に取り組んで参ります。

 【参考資料】
(国連統計委員会の主な活動手法)PDF
(委員国一覧)PDF
(国連アジア太平洋統計研修所研修生の出身国)PDF

連絡先

総務省政策統括官(統計基準担当)付
国際統計管理官室
担当:太知専門官、田中専門職
電話:03-5273-1145(直通)
FAX : 03-5273-1181
E-mail :internat@soumu.go.jp

ページトップへ戻る