総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 平成27年度 情報通信技術の研究開発に係る提案の公募

報道資料

平成27年5月1日

平成27年度 情報通信技術の研究開発に係る提案の公募

総務省は、平成27年度より新規に実施する以下の研究開発課題に係る提案を、平成27年5月1日(金)から6月10日(水)まで公募しますのでお知らせいたします。

1 公募期間

平成27年5月1日(金)から6月10日(水)13時まで

2 公募を行う研究開発課題及び実施予定額

次の研究開発課題について提案を公募します。実施予定額は下表のとおりです。なお、採択件数は、原則として1研究開発課題当たり1件となります。

研究開発課題 実施予定額
1 巨大データ流通を支える次世代光ネットワーク技術の研究開発
6.0億円
※提案者は、左記課題I-ア)a)、I-ア)b)、I-イ)a)、I-イ)b)、II-ア)、II-イ)のいずれか又は複数の課題に提案することができる。
なお、II-ア)、II-イ)の研究開発の受託者は相互に連携、協力するとともに、Iの研究開発内容もふまえて当該研究開発受託者とも連携、協力して研究開発を行う。
I 1テラビット級高速大容量光伝送技術
ア) 適応変調符号化技術
a) 適応変復調基本技術
b) 誤り訂正基本技術
イ) 伝送システム内歪み補償技術
a) 静的等化基本技術
b) 動的等化基本技術
II 1テラビット級低消費電力光伝送技術
ア) 信号処理回路最適設計技術
イ) 低消費電力信号処理統合検証技術
2 グローバルコミュニケーション計画の推進
-多言語音声翻訳技術の研究開発及び社会実証-
-
I 多言語音声翻訳技術の研究開発 12.8億円
※提案者は、左記課題(a)、(b)、(c)、(d)のいずれか又は複数の課題に提案することができる。
なお、課題(a)の代表研究者は課題(a)〜(d)の取りまとめを行うこととする。
(a) 雑音抑圧技術
(b) 翻訳自動学習技術(自動翻訳チューニング技術)
(c) 特殊文字認識技術
(d) 位置情報を活用した翻訳精度向上技術
II 多言語音声翻訳の利活用に関する開発・実証 1.0億円
※本公募は実証を実施する地区の公募を行うものではありません。

3 応募方法

(1) 提案書を、提案要領及び提案書作成要領に従い作成してください。
(2) 府省共通研究開発管理システム(e-Rad)を用いて、応募情報を入力の上、電子申請してください。(平成27年6月10日(水)13時までに、システム上のすべての応募操作を完了してください。)
(3) 提案書1部、提案書の写し6部及びその他提案に必要な書類1式(詳細は提案書作成要領を御覧ください。)を総務省の提出先あてに郵送してください。(平成27年6月10日(水)13時必着)
また、共同研究を行う場合は、提案書は代表研究機関が取りまとめの上、「6 問い合わせ先及び提出先」をご参照の上、提出してください。
なお、応募に関する書類は別添のとおりです。

4 委託先候補の選定、今後のスケジュール

委託先候補の選定については、外部評価を行い、その結果を受けて、総務省が行います。なお、外部評価の状況等によりスケジュールは前後することがあります。
また、条件を満たす提案が応募されなかった場合等においては、再公募を実施することとします。

日程 内容
6月中旬〜7月上旬 外部評価を行い、これをもとに委託先候補となる研究機関を選定
7月上旬〜7月中旬 採択・不採択通知の送付
総務省ホームページにて公募結果を掲載
採択通知後 研究機関との調整が終わり次第、速やかに契約を締結し、研究を実施
※  採択された研究機関(共同研究の場合は、各研究機関)及び研究責任者(共同研究の場合は、代表研究責任者のみ)は公表します。

5 公募説明会

本公募にあたっては、公募説明会を開催いたしますので参加希望の方は以下連絡先へ事前登録のご連絡をしていただくようお願いします。事前登録のご連絡は5月12日(火)14時を〆切りとさせていただきます。事前連絡をいただけない場合は、当日入場できないことがありますのでご注意ください。また、会場の規模の関係上、参加希望者多数の場合は、原則としてご希望のご連絡をいただいた先着順にて御案内させていただくこととなりますので、あらかじめ御了承ください。また、1社から複数名の参加を希望された場合、会場の規模の関係上、参加者数につきまして調整させて頂く場合もありますので、あらかじめご了承ください。

 ◆大阪開催
日時 :平成27年5月15日(金)14時00分〜16時00分
場所 :大阪合同庁舎第1号館4階会議室
    (〒540-8795 大阪府大阪市中央区大手前1-5-44)
     http://www.soumu.go.jp/soutsu/kinki/intro/guide/accessmap/index.html


◆東京開催
日時 :平成27年5月18日(月)13時30分〜15時30分
場所 :中央合同庁舎第2号館10階共用会議室2
    (〒100-0013 東京都千代田区霞が関2-1-2)
     http://www.soumu.go.jp/menu_sosiki/annai/map-1.html


連絡先:総務省情報通信国際戦略局技術政策課研究推進室
TEL  :03-5253-5730
E-mail :ict-rd2015_atmark_ml.soumu.go.jp
(スパムメール防止のため「@」を「_atmark_」に換えて表記しています。)


事前連絡では、参加場所(東京、大阪)、ご所属、ご氏名、連絡先(Eメールアドレス及び電話番号 開催場所等に変更が生じる可能性もありますので連絡のつくご連絡先をお知らせ下さい)及び同行者数をご連絡ください。

6 問い合わせ先及び提出先

研究開発課題、基本計画書の内容等に関する問い合わせは、研究開発課題の担当課室まで、提案書の作成又は提出方法等に関する問い合わせは、情報通信国際戦略局技術政策課技術係までお願いします。
提案書等の提出については、各担当課室あてに郵送してください。
なお、E-mailによる問い合わせの場合は、以下アドレスにて一括して受け付けています。

【研究開発課題、基本計画書の内容等に関する問い合わせ先】

研究開発課題 担当係
1 巨大データ流通を支える次世代光ネットワーク技術の研究開発 情報通信国際戦略局技術政策課
研究推進室基盤研究係
TEL:03-5253-5726
FAX:03-5253-5732
2 グローバルコミュニケーション計画の推進
-多言語音声翻訳技術の研究開発及び社会実証-
 
I 多言語音声翻訳技術の研究開発 情報通信国際戦略局技術政策課
研究推進室先端研究係
TEL:03-5253-5730
FAX:03-5253-5732
II 多言語音声翻訳の利活用に関する開発・実証

【郵送先、提案書の作成又は提出方法等に関する問い合わせ先】

【郵送先住所】
〒100−8926
東京都千代田区霞が関2−1−2 中央合同庁舎第2号館 総務省【担当課室】

【提案書の作成又は提出方法等に関する問い合わせ先】
情報通信国際戦略局技術政策課技術係
TEL: 03−5253−5727
FAX: 03−5253−5732
E-mail: ict-rd_atmark_ml.soumu.go.jp
(スパムメール防止のため「@」を「_atmark_」に換えて表記しています。)

連絡先
総務省 情報通信国際戦略局 技術政策課
担当:関口技術調査専門官、篠澤課長補佐、土師技術係長、熊原官
電話:(直通)03−5253−5727
(FAX) 03−5253−5732
(E-mail)ict-rd_atmark_ml.soumu.go.jp
(スパムメール防止のため「@」を「_atmark_」に換えて表記しています。)

応募に関する書類

ページトップへ戻る