総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 国際電気通信連合(ITU)創設150周年記念中学生を対象とした作文コンクールの結果

報道資料

平成27年12月21日

国際電気通信連合(ITU)創設150周年記念中学生を対象とした作文コンクールの結果

 総務省では、国際電気通信連合(ITU)創設150周年を記念して、若い世代に電気通信に関する国際機関であるITUに対する理解を深め、通信の未来について考えていただくことを目的として、中学生を対象に作文コンクールを実施しました。
 応募総数は、国内外から77点で、審査委員による審査を経て、最優秀賞に熊本市立東町中学校(1年)の中間理乃さん、優秀賞として10点を選出しました。

1 作文コンクールの概要

(1)応募期間
   平成27年8月1日(土)から9月17日(木)まで
(2)審査委員(順不同)
   坂村 健    東京大学教授
   小泉 力一  尚美学園大学教授
   岩崎 尚子  早稲田大学准教授
 

2 審査結果

(1)最優秀賞(1名)
  ・中間 理乃(熊本市立東町中学校1年)「33歳のわたしへ」PDF
   ※受賞作品(全文)はリンク先のとおり

(2)優秀賞(10名)
  ・大熊 あやの(仙台市立宮城野中学校2年)「二十年後の私たちの情報」
  ・進藤 蒼真(信州大学教育学部附属松本中学校2年)「二十年後の通信器機」
  ・山ア 佑太(信州大学教育学部附属松本中学校2年)「通信の進化がもたらす世界」
  ・吉村 茜(信州大学教育学部附属松本中学校2年)「通信からより良い世界へ」
  ・前田 悠太(上越教育大学附属中学校1年)「僕の考える未来」
  ・関 志竜(上越教育大学附属中学校3年)「20年後の通信」
  ・仲川 晴斐(豊橋市立南部中学校3年)「ICT無くしては考えられない世界」
  ・小椋 將史(岡山市立京山中学校3年)「人と人、モノとモノをつなげるコミュニケーション社会を目指して」
  ・山ア 杏奈(宮崎市立生目台中学校3年)「笑顔で「つながる」社会へ」
  ・犬丸 わかな(Eastchester Middle School 2年)無題

(参考)国際電気通信連合(International Telecommunication Union)
 1865年(今年は150周年)。電気通信に関する国連の専門機関で、国際的な周波数の分配、電気通信の標準化及び開発途上国に対する支援が主要な業務。本部はスイス(ジュネーブ)。日本を含む193か国が加盟。
 日本は1959年以来、理事国に連続して選出。米国と並び最大の分担金を拠出。


(関連報道資料)
 平成27年7月3日
「国際電気通信連合(ITU)創設150周年記念 中学生を対象とした作文コンクールの実施」
 URL:http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin06_02000074.html 別ウィンドウで開きます
連絡先
情報通信国際戦略局国際政策課
 担当 :藤原補佐、岩井官
 電話 :03ー5253−5922
 FAX:03−5253−5924

ページトップへ戻る