総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 第8回日ASEAN情報通信大臣級会合等の結果

報道資料

平成25年11月18日

第8回日ASEAN情報通信大臣級会合等の結果

 平成25年11月15日、日本とASEAN加盟10か国による第8回日ASEAN情報通信大臣級会合がシンガポールにおいて開催されました。日本から吉崎総務審議官が出席し、日本とASEANとの間の情報通信分野における協力事項として、「ASEANスマートネットワーク構想」を議論するとともに、今後1年間の作業計画を取りまとめました。また、同作業計画はASEAN情報通信大臣による共同声明に盛り込まれました。

1 第8回日ASEAN情報通信大臣級会合の概要

(1) 日時:平成25年11月15日(金)10:15〜11:00(現地時間)
(2) 場所:シンガポール
(3) ASEAN側出席者(別紙参照)

2 大臣級会合の結果概要

(1) 吉崎総務審議官とシンガポール(主催国)のヤーコブ情報通信大臣が共同議長を務め、これまでの双方の協力関係を評価するとともに、2015年のASEAN共同体の実現に向けて、一層強化していくことに合意しました。

(2) 具体的には、ASEANが目指しているASEAN連結性の強化(「ASEAN連結性マスタープラン」)を支援するため、第6回日ASEAN情報通信大臣級会合で表明した「ASEANスマートネットワーク構想」の具体的内容について議論を行い、この実現を加速させていくことの重要性を確認しました。

(3) また、今後1年間の日本とASEANとの間の情報通信分野における協力施策として「日本とASEANの情報通信分野における作業計画2013−2014」を取りまとめました。    

(参考)「作業計画2013−2014」の概要
 (i) ASEANスマートネットワークの強化
  ・ ASEANにおけるICTインフラの強化
 (ii) ASEANスマートネットワークの整備を支える重要事項
  ・ ICT利活用の促進
   
  ・ 人材育成
  ・ 日・ASEAN ICT基金による人材育成プロジェクト
 (iii) 情報セキュリティに関する国際連携の推進
 (iv) 政策・規制枠組の発展

(4) 総務省としては、引き続き「ASEANスマートネットワーク構想」の下でASEAN諸国との協力・連携を図るとともに、今後1年間の具体的案件として取りまとめられた「作業計画2013−2014」を実施していきます。

3 二国間会談の開催

 本会合に合わせて、ホスト国であるシンガポールのヤーコブ情報通信大臣、ミャンマーのミャッ・ヘイン通信・情報技術大臣、カンボジアのソコン郵電大臣及びフィリピンのカサンブレ情報通信技術局長との間で二国間会談を開催し、今後の情報通信分野の連携方策等について議論しました。

【関係報道資料】
日ASEAN情報通信大臣級会合の結果(平成23年12月9日)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin09_02000009.html

日ASEAN情報通信大臣級会合の結果(平成24年11月16日)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin09_02000013.html
連絡先
情報通信国際戦略局国際協力課
担当:片山国際協力調査官、中川主査、中澤官
電話:03-5253-5923 FAX :03-5253-5937

ページトップへ戻る