総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > イスラエルとのサイバーセキュリティ分野における協力に関する覚書の署名

報道資料

平成30年11月29日

イスラエルとのサイバーセキュリティ分野における協力に関する覚書の署名

 石田総務大臣は、本日、イスラエル・国家サイバー総局との間のサイバーセキュリティ分野における協力に関する覚書に署名しました。

1 覚書の背景

(1)平成30年3月、野田総務大臣(当時)がベンアリ駐日イスラエル大使と会談し、サイバーセキュリティ分野における協力等について意見交換を行いました。

(2)上記会談以降、総務省とイスラエル・国家サイバー総局との間で、協力分野の具体化に向け、実務レベルでの検討を重ねてきたところです。

(3)このたび、両国間で以下の分野について協力を進めていくことになったことから、「サイバーテック東京2018」開催の機会を捉え、石田総務大臣とベンアリ駐日イスラエル大使が協力覚書に署名しました。
 

2 協力分野

(1)サイバーセキュリティ政策に関する情報交換

(2)研究開発

(3)人材育成
 

3 今後の方針

 総務省では、本覚書に基づき、イスラエル・国家サイバー総局と連携し、サイバーセキュリティ対策の取組を強化していきます。
 
(参考)サイバーテック東京2018について
 毎年1月にイスラエルで開催されるサイバーセキュリティの国際イベント「サイバーテック」の日本におけるイベントで、今年は11月29日及び30日の2日間開催。日本での開催は、昨年11月に「サイバーテック東京2017」として第1回のイベントが開催され、今回は2回目の開催。
 
連絡先
国際戦略局国際協力課
担当:川久保課長補佐、大橋係長
電話:03-5253-5936
FAX:03-5253-5937
 
サイバーセキュリティ統括官室
担当:橋本参事官補佐、重成主査
電話:03-5253-5749
FAX:03-5253-5752
 

ページトップへ戻る