総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 平成25年度情報化促進貢献個人等表彰

報道資料

平成25年9月20日

平成25年度情報化促進貢献個人等表彰

―総務大臣賞の決定―
 総務省では、経済社会の情報化の促進に貢献したと認められる個人・企業等(企業、団体、教育機関等)を表彰する「情報化促進貢献個人等表彰」を行っております。
 今般、総務大臣賞が決定しましたので、お知らせいたします。

1 情報化促進貢献個人等表彰の概要

 高度な情報通信技術の研究・開発、高度ICT人材の育成、ICTの活用が遅れている企業へのICTの導入、ICTを活用した社会課題の解決等、情報化の促進に先導的役割を果たし、又は顕著な成果をあげたと認められる個人・企業等を表彰します。
 毎年10月に開催される情報化月間(※)の行事の一環として昭和47年(1972年)から継続的に実施しており、本年度で42回目となります。

2 本年度の総務大臣賞受賞者(5件)

○情報化促進貢献(個人部門)
 ・相田 仁氏    東京大学大学院 工学系研究科 教授
 ・今井 建彦氏  宮城県仙台市総務企画局 情報政策部長
 ・小尾 敏夫氏  早稲田大学大学院アジア太平洋研究科 教授
○情報化促進貢献(企業等部門)
 ・特定非営利活動法人CANVAS
 ・一般社団法人日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)

各受賞者の業績等についてはこちらPDFをご参照ください。

3 表彰式

・日時:平成25年10月7日(月)17:00〜18:00
・場所:日本教育会館(東京都千代田区一ツ橋2−6−2)
  ※ 当日は総務大臣賞の他、経済産業大臣賞文部科学大臣賞国土交通大臣賞の受賞者が表彰されます。 
(※)情報化月間:
 経済産業省をはじめ、内閣府、総務省、財務省、文部科学省及び国土交通省の6府省は連携し、我が国の情報化を促進し、豊かな国民生活を実現することを目的に、昭和47年から毎年10月を「情報化月間」とし、情報化促進のための各種行事を実施しています。
 なお、平成23年度までは民間の情報化産業の関連諸団体から構成される「情報化月間推進会議」及び総務省、経済産業省等関係6府省が共同して実施していましたが、平成24年度からは総務省、経済産業省、国土交通省及び文部科学省の主催4省庁と内閣府及び財務省の共同により実施することとなりました。
連絡先
総務省 情報通信国際戦略局 情報通信政策課 管理室
 担当:竹中補佐、輿石係長
 電話:(代表)03-5253-5111
   :(直通)03-5253-5957
 FAX:03-5253-5945

ページトップへ戻る