総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 「公立病院経営改革事例集」の公表

報道資料

平成28年3月31日

「公立病院経営改革事例集」の公表

 総務省は、新公立病院改革ガイドライン(平成27年3月)に基づく更なる公立病院改革を推進するに当たり、「経済財政運営と改革の基本方針2015」(平成27年6月30日閣議決定)において「国公立病院の経営改善等について、優良事例の横展開を行う」とされたことを踏まえ、これまでの経営改革の優良事例を紹介し横展開を図るため、「公立病院経営改革事例集」を取りまとめましたので、公表します。

○ 公立病院経営改革事例集の概要
第1章 これまでの公立病院改革の取組状況

 公立病院改革ガイドライン(平成19年12月。以下「前ガイドライン」という。)に基づき、病院事業を経営している地方公共団体が策定・実施した公立病院改革プランの取組状況を取りまとめた。

第2章 公立病院の経営改革事例

 前ガイドラインに掲げた「経営の効率化」、「再編・ネットワーク化」及び「経営形態の見直し」の3つの視点に沿った各公立病院の取組のうち、顕著な成果を上げている事例について、有識者の助言も踏まえ、以下の20病院を選定した。
 各事例では、新公立病院改革プランの策定・実施の参考となるよう、具体的な取組事例及び病院の自己評価を掲載するとともに、有識者による評価分析を実施した。

経営の効率化 再編・ネットワーク化 経営形態の見直し
岩手県立宮古病院(岩手県)
さいたま市立病院(さいたま市)
伊那中央病院(長野県)
市立福知山市民病院(京都府)
唐津市民病院きたはた(佐賀県)
沖縄県立南部医療センター・こども医療センター(沖縄県)
つがる総合病院(青森県)
日本海総合病院*(山形県)
北播磨総合医療センター(兵庫県)
公立世羅中央病院(広島県)
三浦市立病院(神奈川県)
富山市民病院(富山県)
堺市立総合医療センター*(堺市)
八尾市立病院(大阪府)
神石高原町立病院(広島県)
北九州市立門司病院*(北九州市)
福岡市民病院*(福岡市)
筑後市立病院*(福岡県)
くらて病院*(福岡県)
町立太良病院(佐賀県)

 (注)*は、地方独立行政法人が経営する病院

「公立病院経営改革事例集」についてはホームページ(http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/c-zaisei/hospital/hospital.html)に掲載する予定です。

連絡先
自治財政局準公営企業室
担当:森山補佐、藤野
電話:03-5253-5111(代表)(内線 23462)
        03-5253-5642(直通)
FAX:03-5253-5640

ページトップへ戻る