総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > ソフトバンクモバイル株式会社に対する行政指導に係る報告

報道資料

平成21年5月25日

ソフトバンクモバイル株式会社に対する行政指導に係る報告

 総務省は、ソフトバンクモバイル株式会社の電気通信設備の適切な管理の徹底等に係る行政指導に関し、同社より報告を受けましたので、その概要を公表します。

1 指導の経緯と概要

 平成21年4月19日にソフトバンクモバイル株式会社で発生した大規模かつ長時間にわたる重大な事故を踏まえ、総務省は同社に対し同月24日付で、電気通信設備の適切な管理の徹底等について、(1)事故の再発防止策の検討、(2)設備の点検等及び(3)ホームページ等における利用者等への事故情報周知方法の改善を実施し、その結果について同年5月25日までに報告するよう文書にて指導しました。

2 報告の概要

 ソフトバンクモバイル株式会社より、平成21年5月25日付で、行政指導に係る内容の実施結果について報告を受けました。主な報告内容は別紙のとおりです。

3 今後の予定

 報告を受けた措置状況の確認のため、関東総合通信局による検査を実施する予定です。
<関係報道資料>
○電気通信設備の適切な管理の徹底等に関するソフトバンクモバイル株式会社に対する指導(平成21年4月24日)
   http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/02kiban05_000011.html
連絡先
総務省 総合通信基盤局
電気通信事業部 電気通信技術システム課
(安全・信頼性対策室)
(担当:山下課長補佐、畠山係長)
TEL:03−5253−5862
FAX:03−5253−5863

(別紙)行政指導に係る報告の概要

1.平成21年4月19日に発生した重大な事故についての再発防止策

・ネットワークが不通に至った事象を防止する新たな機能の実装【完了】
・ネットワーク障害がサーバ障害へ拡大したことの対策【完了】
・故障検出機能(機器監視項目)の強化【完了】
・アラーム(警報)集約機能及び表示方法の強化【実施中】
・ネットワークデザインの見直しによる耐障害性の向上【実施中】

2.電気通信設備が適切に機能することの点検結果及びその対策

(1) IPネットワーク
 ・ネットワーク冗長設計の点検【完了】と見直し【実施中】
 ・サーバの動作仕様の点検【完了】と見直し【実施中】
 ・ネットワークの故障脆弱箇所の点検【完了】とその対策【実施中】
(2) 音声系ネットワーク
 ・ネットワークの故障脆弱箇所の点検【完了】とその対策【実施中】
 ・運用監視(緊急時手動装置切替)に関わる点検とその対策【完了】

3.ホームページ等における利用者等への事故情報の周知方法の改善策

(1) ホームページによる利用者告知
 ・事故情報を正確に伝えるための社内体制の見直し【完了】
 ・告知性向上のため事故情報をトップページの見やすい位置に掲載【完了】
(2) プレスリリース(報道発表)
 ・プレスリリース基準を制定しプレスへの適時開示を行う【完了】

ページトップへ戻る