総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > データ活用による都市の魅力向上プロジェクトの開始

報道資料

平成28年3月15日

データ活用による都市の魅力向上プロジェクトの開始

 総務省では、官民連携によるオープンデータ利活用推進の一環として、本日から「データ活用による都市の魅力向上プロジェクト」を開始し、参加する地方公共団体等を募集することとなりましたので、お知らせします。

(1)「データ活用による都市の魅力向上プロジェクト」の概要

 総務省では、公共データの開放によって行政の透明性・信頼性の向上や官民協働の公共サービス等の実現を図る「オープンデータ」を推進しています。

 現在、多くの地方公共団体がオープンデータに取り組んでおりますが、公開された公共データが十分に活用されていないことが課題の一つとして挙げられているところです。

 こうした課題の解決を図るため、総務省では、「データ活用による都市の魅力向上」というユースケースを取り上げ、官民の有志連携によるプロジェクトの準備を進めてきました。具体的には、埼玉県内の地方公共団体(さいたま市、川越市、草加市、戸田市及び和光市)、千葉県内の地方公共団体(千葉市、船橋市、松戸市、柏市及び流山市)、神奈川県内の地方公共団体(横浜市、相模原市、横須賀市及び藤沢市)、一般社団法人オープン&ビッグデータ活用・地方創生推進機構(VLED: Vitalizing Local Economy Organization by Open Data & Big Data)、株式会社リクルートコミュニケーションズ及び株式会社リクルート住まいカンパニーの協力を得て、地方公共団体が保有するデータの公開及びその利活用を促進するための試行的取組を実施しています。

 この度、試行的取組による第一弾の成果として、株式会社リクルートコミュニケーションズ及び株式会社リクルート住まいカンパニーの協力により、SUUMO「みんなの街」コーナーに「〜理想の街が見つかる!?〜ライフスタイル別の街選び!」のコンテンツを、本日正式に公開しましたので、お知らせします。これは、地方公共団体が公開した街に関する公共データを活用し、家賃や駅徒歩何分といった従来型の画一的指標ではなく、婚姻率、子育てサークル団体数、小学校のスクールカウンセラー配置率等といった生活者目線での街の魅力を分かりやすく紹介するものです。

【プロジェクト紹介ページ】
http://suumo.jp/area/theme/lifestyle

(2)本プロジェクトに参加する地方公共団体等の募集

 現時点では、埼玉県内、千葉県内及び神奈川県内の14の地方公共団体が本プロジェクトに参加しています。本日正式に公開したコンテンツを幅広く周知するとともに、本プロジェクトの趣旨に賛同し、オープンデータの推進によって都市の魅力向上を図る地方公共団体等(民間企業、まちづくり関連のNPO法人等を含む。)を広く募集します。


<関連報道資料>
株式会社リクルート住まいカンパニー「〜官民連携「都市の魅力向上プロジェクト」第1弾〜SUUMO内に「ライフスタイル別の街選び!」企画をリリース」(平成28年3月15日公表)
http://www.recruit-sumai.co.jp/press/2016/03/-toshinomiryoku-project.html

 

連絡先

情報流通行政局 情報流通振興課

100-8926 東京都千代田区霞が関2−1−2

中央合同庁舎2号館11

 担当:オープンデータ推進担当
    
(梶原課長補佐、中西主査、中請主任)

 電話:03-5253-5748

 FAX 03-5253-5752

 E-mail
     opendata-suishin_atmark_ml.soumu.go.jp

※迷惑メール対策のため、「@」を「_atmark_」と表示しております。送信の際には、「@」に変更してください。

ページトップへ戻る