総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 市区町村別の統計データが使いやすくなります

報道資料

平成30年3月16日

市区町村別の統計データが使いやすくなります

 総務省統計局では、市区町村別の統計データを使いやすくするため、e-Statにおける市区町村別データの充実や類似する市区町村の比較等機能の拡充、統計データの高度利用型への転換などの取組を平成30年度から順次実施します。

1.市区町村別データを充実させ、統計局ホームページを刷新します

 総務省が管理・運営する「e-Stat(政府統計の総合窓口)※1」において、2040年の将来人口や人口集中地区面積の変化率など、今後必要性が高まる市区町村別データを充実します。
 また、本日から総務省統計局ホームページ※2を刷新し、スマートフォンやタブレット端末に対応させるとともに、利用者目線で分かりやすいレイアウトに変更します。
 ※1 日本の統計が閲覧できる政府統計ポータルサイト。https://www.e-stat.go.jp/
 ※2 http://www.stat.go.jp/
 

2.類似する市区町村間でのデータ比較機能を強化します

 e-Statで提供している類似する市区町村間のデータ比較機能を、類似条件の数を拡大することなどにより強化するとともに、市区町村別データにランキングを自動付与する機能を追加します。
 

3.知りたい市区町村のデータを分かりやすく表示します

 総務省が提供する「統計ダッシュボード※3」において、利用者が知りたい市区町村のデータを、レーダーチャートなどにより、分かりやすく表示できる機能を充実します。
 ※3 国や民間企業等が提供している主要な統計データをグラフ等に加工して一覧表示し、視覚的に分かりやすく、
    簡単に利用できる形で提供するシステム。https://dashboard.e-stat.go.jp/
 

4.原則全ての統計データを高度利用型に転換します

 e-Statにおいて、原則全ての統計データを、データの自動取得・更新・分析などの利用ができる高度利用型統計データに転換します。これにより、e-Statのデータ更新に合わせたデータの自動取得や、利用者の保有データを組み合わせた分析処理の自動化が可能になります。




参考資料PDF
連絡先
統計局統計調査部調査企画課
               田村補佐
               山本係長
               電話(直通)   03-5273-1089

ページトップへ戻る