総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > がん対策に関する行政評価・監視 −がんの早期発見、診療体制及び緩和ケアを中心として− <結果に基づく勧告>

報道資料

平成28年9月30日

がん対策に関する行政評価・監視
−がんの早期発見、診療体制及び緩和ケアを中心として−
<結果に基づく勧告>

 総務省では、がん患者及びその家族の立場に立ったがん対策を推進する観点から、「がん対策推進基本計画」等に基づく各種対策の実施状況を調査し、その結果を取りまとめ、必要な改善措置について勧告することとしましたので、公表します。
連絡先
総務省行政評価局 評価監視官(特命担当)
担当:永井、山下、伊東、野島
電話:03-5253-5485(直通)
FAX :03-5253-5464
E-mail:https://www.soumu.go.jp/hyouka/i-hyouka-form.html ※ 結果報告書等は、総務省ホームページに掲載しています。 http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/hyouka/hyouka_kansi_n/ketsuka_nendo/h28.html

がん対策に関する行政評価・監視結果報告書(PDF)

表紙 前書き 目次PDF

第1 行政評価・監視の目的等PDF

第2 行政評価・監視結果

 1 がん対策に関する施策の概要と取組の現状等PDF

  (1)がん対策基本法及びがん対策推進基本計画の概要等

  (2)最近のがん対策を巡る動き

  (3)本調査の視点と調査項目について

 2 がんの早期発見のための取組の推進PDF

  (1)がん検診受診率の向上に向けた取組の推進

  (2)がん検診受診率の算定方法等の見直し

  (3)がん検診の精度管理・事業評価の推進

 3 がん診療連携拠点病院の診療体制の適切な整備及び更なる充実PDF

  (1)がん診療連携拠点病院に係る指定要件充足状況の確認の厳格化等

  (2)「原則必須」要件の充足に向けた取組の推進

 4 緩和ケアの推進PDF

  (1)拠点病院における緩和ケアの徹底及び充実のための支援の拡充

  (2)がん診療に携わる全ての医師に対する緩和ケア研修の受講促進

 5 がん患者・経験者等による相談支援(ピア・サポート)の推進PDF


全体版(6.38メガバイト)PDF
 全体版はサイズが大きいため、開くまでに時間を要します。

ページトップへ戻る