総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 電気通信サービスの契約数及びシェアに関する四半期データの公表(平成21年度第2四半期(9月末))

報道資料

平成21年12月25日

電気通信サービスの契約数及びシェアに関する四半期データの公表(平成21年度第2四半期(9月末))

 総務省では、電気通信事業報告規則(昭和63年郵政省令第46号)の規定による電気通信事業者からの報告等に基づき、平成21年度第2四半期(9月末)の電気通信サービスの契約数及びシェアについて、別紙1PDFのとおり取りまとめましたので公表します※1。
 なお、インターネット接続のうちブロードバンドサービスの都道府県別契約数等については別紙2PDF及び別紙3PDFのとおりです※2。

主なポイント
1 固定通信
  1.  加入電話(NTT東西加入電話、直収電話、0ABJ-IP電話及びCATV電話)については、NTT東西加入電話の契約数が3,977万(前期比2.2%減)と初めて4,000万を切りました。シェアについては、NTT東西のシェアが83.7%(前期比0.5ポイント減)と減少が続いています。
  2.  0ABJ-IP電話の利用番号数のシェアについては、NTT東西が69.6%(前期比0.5ポイント減)と減少しているのに対し、KDDIが13.9%(前期比0.5ポイント増)と増加しています。050-IP電話の利用番号数のシェアについては、ソフトバンクBBが44.0%(前期比0.4ポイント減)と減少しているのに対し、NTTコミュニケーションズが34.3%(前期比0.6ポイント増)と増加しています。
2 移動体通信
 携帯電話・PHSの契約数のシェアについては、NTTドコモが48.4%(前期比0.1ポイント減)、KDDIが27.4%(前期比±0)、ソフトバンクモバイルが18.7%(前期比0.2ポイント増)となり、携帯電話の3社のシェアはおおむね横ばいとなっています。
3 インターネット接続
  1.  ブロードバンドサービス※3の契約数は3,132万(前期比1.3%増)となりました。
  2.  DSLのシェアについては、おおむね横ばいとなっています(ソフトバンクBB38.5%(前期比0.1ポイント増)、NTT東西35.2%(前期比0.2ポイント減)、イー・アクセス23.3%(前期比0.2ポイント増))。
  3.  FTTHのシェアについては、NTT東西が74.3%(前期比0.1ポイント増)、電力系事業者が9.4%(前期比±0)と横ばいとなっており、KDDIは7.6%(前期比0.3ポイント増)と増加が続いています。
※1 総務省は、平成15(2003)年度から電気通信事業分野の競争評価を実施しており、その一環として事業者からの情報収集に基づき競争状況に関する四半期データを公表することとしています。
※2 これまで四半期ごとに公表していた『ブロードバンドサービスの契約数等』については、今回から『電気通信サービスの契約数及びシェアに関する四半期データの公表(平成21年度第2四半期(9月末))』に統合して公表することとしました。
※3 ブロードバンドサービス:FTTHアクセスサービス、DSLアクセスサービス、CATVアクセスサービス、FWAアクセスサービス及びBWAアクセスサービスをいいます。

過去1年間の報道資料(電気通信事業分野の競争状況に関する四半期データの公表)

過去1年間の報道資料(ブロードバンドサービスの契約数等)

連絡先

(ブロードバンド以外の電気通信サービスの契約数及びシェア等について)
総合通信基盤局電気通信事業部事業政策課
担当:川久保課長補佐、山下係長、高口主査
電話:03-5253-5947
FAX:03-5253-5838
E-Mail: telecom-review@ml.soumu.go.jp

(ブロードバンドの契約数等について)
総合通信基盤局電気通信事業部データ通信課
担当:田邊課長補佐、新家係長、齊藤官
電話:03-5253-5854
FAX:03-5253-5855

ページトップへ戻る