総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 分散型エネルギーインフラプロジェクト・マスタープラン策定事業に関する委託予定団体の決定

報道資料

平成26年6月30日
総  務  省

分散型エネルギーインフラプロジェクト・マスタープラン策定事業に関する委託予定団体の決定

「地域の元気創造プラン」に基づく、民間活力の土台となる地域活性化インフラ・プロジェクトの一つである「分散型エネルギーインフラプロジェクト」について、「地域の特性を活かしたエネルギー事業導入計画(マスタープラン)」策定事業の実施団体を募集したところですが、このたび、外部評価者による提案内容の評価を行い、委託予定団体を決定しましたので、お知らせします。

1 事業の概要

(1)対象
  地方公共団体

(2)委託事業の内容
  ・ 地域内需要量調査(電力・熱等)
  ・ 地域内可能供給能力調査
  ・ 地域エネルギープロジェクトの基本構想
  ・ 事業構造の設計と想定投資額の試算 
  ・ 資金調達構造プランの構築
  ・ ICTを活用した地域エネルギーマネジメントシステムの基本設計

2 委託予定団体 

提案募集に対して、次の5つの観点から外部評価者による提案内容の評価を行い、14団体(13地域)を委託予定団体として決定しました。(予算額6.1億円【平成25年度補正予算】)  
(1) 地域エネルギー資源の有効活用・再構成 
(2) 事業推進体制の構築、関係者の合意形成 
(3) 地域への経済効果 
(4) モデル性 
(5) 事業化可能性・継続可能性  
委託予定団体PDF
連絡先
地域力創造グループ地域政策課
担当:瀬戸、土屋
電話:03-5253-5523(直通)
FAX:03-5253-5587
MAIL:chisei@soumu.go.jp

ページトップへ戻る