総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 地域経済循環創造事業交付金(ローカル10,000プロジェクト)に関する交付団体の決定

報道資料

令和元年10月31日

地域経済循環創造事業交付金(ローカル10,000プロジェクト)に関する交付団体の決定

令和元年度地域経済循環創造事業交付金(ローカル10,000プロジェクト)に関する交付団体を決定しましたので、お知らせします。(令和元年度第5回)

1 交付団体

交付申請に対して、外部有識者による申請内容の評価を行い、5事業(5団体)、
68百万円を交付決定しました。(地方費56百万円と合わせて交付額は124百万円を予定。)交付決定団体PDF

2 事業の内容・要件

○ 地域金融機関から融資を受けて事業化に取り組む民間事業者が、事業化段階で必要となる初期投資費用について、
 都道府県又は市町村が助成を行う場合に国が支援
 ・融資比率
   地域金融機関から受ける融資額が公費による交付額(国費+地方費)と同額以上
 ・公費による交付額の上限
   原則2,500 万円融資額(又は出資額)が公費による交付額の1.5倍以上2倍未満の場合は、上限3,500万円
   2倍以上の場合は上限5,000万円)
 ・補助率
   国等が開発・支援して実証段階にある新技術を活用した事業等であって、
   全くの新規分野における事業の立ち上げであり、
   新規性・モデル性の極めて高い事業は10/10
   上記以外は、原則、公費による交付額の1/2
   条件不利地域で財政力の弱い市町村(財政力指数0.5 未満)は2/3
                   特に財政力の弱い市町村(財政力指数0.25 未満)は3/4

○ 地域金融機関から、無担保(交付金事業により取得する財産に担保権を設定する場合を
 除く。)・無保証の融資を確保すること
 (事業キャッシュフローの継続的な把握によるコンサルティング機能が発揮されること)

○ 支援の対象となる事業は、地域資源を活かした先進的で持続可能な事業であって、
 地域経済の循環効果を創出する事業であり、以下の要件を満たすこと
 ・事業の実施により、地方公共団体の負担により直接解決・支援すべき
  公共的な地域課題への対応の代替となる事業であること
 ・他の同様の公共的な地域課題を抱える地方公共団体に対する
  高い新規性・モデル性があること 

3 参考資料

連絡先
連絡先:地域力創造グループ地域政策課
担当:冨永、村岡、尾山
電話:03-5253-5523(直通)
FAX:03-5253-5530

ページトップへ戻る