選挙・政治資金

トップ > 選挙・政治資金 > 選挙 > ニュース一覧<投票制度・選挙制度・啓発その他> > 衆議院小選挙区の区割りの改定等について


ニュース一覧

選挙制度

衆議院小選挙区の区割りの改定等について

衆議院小選挙区の区割りの改定等を内容とする公職選挙法の一部を改正する法律が平成14年7月31日に公布、8月31日から施行されました。
この改正によって、衆議院議員選挙区画定審議会が行った小選挙区の区割りの改定案の勧告のとおり、20都道府県において68選挙区の改定が行われました。
また、衆議院比例代表選出議員の各ブロック別定数について、平成12年国勢調査の結果に基づき、南関東選挙区で1人増員して22人、近畿選挙区で1人減員して29人となりました。

衆議院小選挙区の区割りの改定等についてのあらまし

衆議院小選挙区の区割りの改定等についてのあらまし イメージ

衆議院小選挙区の区割りの改定等についてのあらまし イメージ

このページの先頭へ




ページトップへ戻る