総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 近畿総合通信局 > 報道発表資料(2014) > 関西ICTイノベーションセミナー2014を開催

報道資料

平成26年9月26日
近畿総合通信局

関西ICTイノベーションセミナー2014を開催

〜産学官の連携によるICT研究開発成果を発表〜
 近畿総合通信局(局長:奥 英之(おく ひでゆき))は、近畿情報通信協議会(会長:河内 一友(かわうち かずとも))との共催により、大阪市内において関西ICTイノベーションセミナー2014を開催します。
 本セミナーでは、総務省の情報通信関係の技術開発支援制度及びICT技術の研究開発環境を提供するJGN-X注1に関する講演を行うとともに、「戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE注2)」における研究開発成果の発表を行います。
注1 JGN-X(JGN-eXtreme)とは
 独立行政法人情報通信研究機構が構築・運用する新世代通信網テストベッド。新しいネットワーク技術の
研究開発のために必要な研究開発環境を提供しています。
注2 SCOPE(Strategic Information and Communications R&D Promotion Programme)とは
 情報通信技術(ICT)分野の研究開発における競争的資金です。総務省が定めた戦略的な重点研究開発を
実現するために、ICTにおけるイノベーションの創出、研究者や研究機関における研究開発力の向上、世界を
リードする知的財産の創出などを目的として、独創性や新規性に富む課題の研究開発を委託する事業です。

1 開催日時及び場所

日時:平成26年10月31日(金曜日)午後1時45分から午後4時45分まで
場所:ドーンセンター 特別会議室(5階)
    (住所:大阪市中央区大手前1-3-49)
     URL:http://www.dawncenter.or.jp/top/index.jsp

2 プログラム概要

(1)講演
  演題:「戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)によるICT研究開発支援について」
  講師:総務省情報通信国際戦略局技術政策課
      技術企画調整官 笠井 康子 氏
 
(2)SCOPE研究成果発表
 ア 研究成果:「運動中のスポーツ選手からのリアルタイム・バイタルデータ収集システムの研究開発」
   発表者: 株式会社シンセシス
          取締役副社長 奥畑 宏之 氏
  
 イ 研究成果:「在宅高齢者の“こころ”を支えるICTシステムの開発」
   発表者: 京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科先端ファイブロ科学部門
          准教授 桑原 教彰 氏
 
 ウ 研究成果:「災害時に活躍する見守り・監視に重点を置く情報インフラに関する研究開発」
   発表者: 大阪市立大学大学院工学研究科
          教授 鳥生 隆 氏
 
(3)講演
  演題:「JGN-Xの活用事例とNICTの各種取り組み」
  講師: 独立行政法人情報通信研究機構
       テストベッド研究開発推進センターテストベッド研究開発室
       マネージャー 渡邉 正喜 氏 

3 主催等

主催:近畿総合通信局、近畿情報通信協議会
協賛:独立行政法人情報通信研究機構(予定)

4 定員等

 定員70名程度(定員になり次第締切ります)。参加費は無料でどなたでも参加いただけます。

5 参加申込方法

 近畿総合通信局 情報通信部 情報通信連携推進課 宛てに平成26年10月29日(水)までに電子メールにてお申込みください。 
   ■件名:関西ICTイノベーションセミナー2014参加申込
   ■メール本文:参加者の(1)氏名、(2)所属(会社・団体名及び部署)、(3)連絡先(電話番号、メールアドレス)
   ■申込先メールアドレス:renkei-k/atmark/soumu.go.jp  
    (迷惑メール防止のため、「@」を「/atmark/」と表示しています。メールをお送りになる際は、「/atmark/」を「@」
   に置き換えてください。)

6 個人情報の取扱い

 お申込みの際にお知らせいただいた氏名等の個人情報については、今後、当局主催イベント等の周知に使用させていただく場合がありますが、第三者に開示・提供・預託はおこないません。

連絡先
連絡先:情報通信部 情報通信連携推進課(担当:青野、三宅)
電 話:06-6942-9623

ページトップへ戻る