総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 近畿総合通信局 > 報道発表資料(2015) > 近畿広域AMラジオ3社のFM補完中継局に予備免許

報道資料

平成27年7月24日
近畿総合通信局

近畿広域AMラジオ3社のFM補完中継局に予備免許

《都市部のラジオ受信環境を改善》
 近畿総合通信局(局長:奥 英之(おく ひでゆき)は、株式会社毎日放送、朝日放送株式会社及び大阪放送株式会社からそれぞれ免許申請のあったFM補完中継局に対して、7月27日付けで予備免許を付与します。
 この補完中継局により、大阪市内及び周辺都市部におけるAMラジオ放送の難聴の解消が期待されるもので、総務省所管の民放ラジオ難聴解消支援事業を活用し整備が進められます。
 なお、下記日程で予備免許通知書の交付を行い、その後放送事業者と合同で記者説明会を行います。

1 日時

平成27年7月27日(月)   交付式 10時00分から
   説明会 10時10分から

2 場所

近畿総合通信局 会議室
大阪市中央区大手前1-5-44 大阪合同庁舎1号館4階

FM補完中継局

 中波(AM)放送局を補完するために開設される放送局で、これまでは外国波混信対策を目的とするものはありましたが、総務省では「放送ネットワークの強靱化に関する検討会」の提言を踏まえ、災害対策、難聴対策(都市型難聴、外国波混信又は地理的・地形的難聴)の目的においても開設することができるよう制度整備を行ってきました。
 FM補完中継局は、主に地上テレビ放送のデジタル化によって空いた周波数であるV−Low帯域(90〜95MHz)の周波数を使用してAM放送と同一の番組を放送します。聴取には90MHz以上の受信に対応しているFMラジオが必要となります。

各中継局の概要
申請者 株式会社毎日放送 大阪放送株式会社 朝日放送株式会社
送信所設置場所 生駒山 生駒山 生駒山
周波数 90.6MHz 91.9MHz 93.3MHz
空中線電力 7kW 7kW 7kW
本放送開始予定 平成28年春頃 平成28年春頃 平成28年春頃

連絡先
放送部 放送課(武藤、山田)
電話:06−6942−8566

報道資料PDF版PDF(139KB)

ページトップへ戻る