総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 近畿総合通信局 > 報道発表資料(2016) > 近畿情報通信講座「ICT利活用の現状と今後の展望」の開催

報道資料

平成28年8月8日
近畿総合通信局

近畿情報通信講座「ICT利活用の現状と今後の展望」の開催

−ICTによる便利で安心して暮らせる環境整備に向けて−
 近畿総合通信局(局長:関 啓一郎(せき けいいちろう))は、近畿情報通信協議会と共催で近畿情報通信講座「ICT利活用の現状と今後の展望」を開催します。
 本セミナーは、自治体、地域団体及び民間企業による健康・医療・介護の分野におけるICT利活用の先進的な取組を紹介することにより、近い将来の暮らしについて理解を深めていただくことを目的に開催するものです。

本セミナーは、「G7神戸保健大臣会合」に関連して、G7神戸保健大臣会合推進協議会の後援を受けて実施します。

1 開催日時及び場所
 日 時: 平成28年9月8日(木)  13時30分から16時45分まで
 場 所: 三宮研修センター 10階 1005号室
     兵庫県神戸市中央区八幡通4-2-12 FRIIビル(神戸市役所東正面)
     アクセス:http://www.f-road.co.jp/kenshu/access/

2 主催
 近畿総合通信局、近畿情報通信協議会

3 後援
 G7神戸保健大臣会合推進協議会

4 プログラム
 13:30 主催者挨拶 
 13:35 講演1:「総務省が取り組む健康・医療・介護サービス分野
                          におけるICT利活用について」
      講 師:総務省 大臣官房審議官(情報流通行政局担当) 吉岡 てつを
 14:15 講演2:「IoTと情報銀行が導く医療の未来」 
      講師:京都大学教授 医学部附属病院 
          医療情報企画部長/病院長補佐 黒田 知宏 氏
 14:55 休憩  
 15:15 講演3:「ICTを活用したアスリート環境の現在と未来」
      講師:大阪大学大学院 医学系研究科 健康スポーツ科学
          スポーツ医学 特任助教 高畑 裕美 氏
 15:55 講演4:「『ポケットカルテ』及び地域共通診察券『すこやか安心カード』」
      講師:独立行政法人国立病院機構 京都医療センター
         医療情報部長 北岡  有喜 氏
 16:35 質疑応答
 16:45 終了

5 対象・定員
 一般ならびに医療関係者、情報通信関係事業者等
 定員150名(定員になり次第締め切らせていただきます。)

6  参加費
 無料

7  参加申込方法
 近畿総合通信局 情報通信部 情報通信振興課に電子メールで申し込みください。
 ■件名:近畿情報通信講座「ICT利活用の現状と今後の展望」参加申込
 ■メール本文:参加者の (1)氏名、(2)所属(会社・団体名及び部署)
                 (3)連絡先(電話番号、電子メールアドレス)
  ※ 1回のメールにて複数名の連名での申込可。
 ■申込先メールアドレス  seminar-kinki/atmark/soumu.go.jp
  (迷惑メール防止のため、「@」を「/atmark/」と表示しています。メールをお送りになる際には
 「/atmark/」を「@」に置き換えてください。)

8  個人情報の取り扱い
  参加申込時にいただいた個人情報は、主催者において厳重に管理し、本セミナーの運営に関し
 必要な場合にのみ使用します。本セミナー終了後または中止決定後は、速やかに廃棄します。


連絡先
報通信部 情報通信振興課
担当:中野、山嵜
電話:06−6942−8520

ページトップへ戻る