総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 近畿総合通信局 > 報道発表資料(2017) > 「防災情報通信セミナー2017春夏」を開催

報道資料

平成29年4月27日
近畿総合通信局

「防災情報通信セミナー2017春夏」を開催

−非常災害時の通信手段の確保とGISを活用した防災・減災−
 近畿総合通信局(局長:関 啓一郎(せき けいいちろう))は、近畿地方非常通信協議会及び近畿情報通信協議会との共催により、平成29年度情報通信月間参加行事の一環として、「防災情報通信セミナー2017春夏」を開催します。
 本セミナーでは、非常災害時の通信手段の確保の取組み及び、ドローン(注1)やGIS(注2)、ICT(注3)を活用した防災・減災の取組みに関する講演と最新技術を活用した防災関連機器の展示を行います。
1 開催日時及び会場
  日時:平成29年5月30日(火曜日)13時00分から17時00分まで
       講演会:14:30〜16:00(14:00から受付)/展示会:13:00〜17:00
  会場:KKR HOTEL OSAKA (大阪市中央区馬場町2−24)
  アクセス:http://www.kkr-osaka.com/other/access.html別ウィンドウで開きます

2 主 催 近畿総合通信局、近畿地方非常通信協議会、近畿情報通信協議会
   協 賛 情報通信月間推進協議会

3 概 要

 <講演会> 3階「銀河」14時30分から16時00分まで
   【講演1】
  演題:「非常災害時における情報伝達手段の確保について(仮)」
  講師:総務省 総合通信基盤局 電波部基幹・衛星移動通信課
       重要無線室長 近藤 玲子
   【講演2】
  演題:「ドローンとGIS等を活用した防災・減災の取組(仮)」
  講師:一般社団法人 UAS多用推進技術会(略称:UMTAアムタ)
       事務局長理事 眞野 方仁 氏 

 <展示会>3階「曙」13時00分から17時00分まで
          16企業団体(予定)による展示  
    テーマである「非常災害時の通信手段の確保とGISを活用した防災・減災」に沿った出展を中心に、最新の大規模
   災害に備えた防災情報システムや発災時に有効な防災情報伝達機器等を展示し、防災・減災対策の整備の参考と
   なる情報を提供します。

4 対象者及び定員
  自治体及び企業の防災担当者など(一般の方の参加も可能です。)
  200名(定員になり次第、締め切らせていただきます。)

5 参加費 
  無料 
  
6 参加申込方法
  講演会に参加希望の方は、下記の要領により、電子メール又はFAXで以下の項目を記載してお申し込みください。
  なお、展示会への来場は申込み不要です。

(1) 電子メール
   ・件名:防災情報通信セミナー講演会申込み
   ・本文:参加者の企業団体名、部署、氏名、連絡先電話番号等
       複数名参加の場合は連名での申込みが可能です。
   ・申込先アドレス: d-seminar/atmark/soumu.go.jp
   (迷惑メール防止のため、「@」を「/atmark/」と表示しています。
    メールを送信される際は、「/atmark/」を「@」に置き換えて送信してください。)

(2) FAX(送信票は不要です。)
   ・件名:防災情報通信セミナー講演会申込み
   ・本文:参加者の企業団体名、部署、氏名、連絡先電話番号等
       複数名参加の場合は連名での申込みが可能です。
   ・FAX番号:06-6942-1849

(3) 申し込み期限:平成29年5月26日(金)
 
※ 参加申込時に頂いた個人情報については、今回のセミナーへの参加に関する手続きのみに使用し、第三者に開示・
 提供・預託は行いません。

注1 比較的小型の無人航空機(遠隔操縦飛行又は自律飛行するもの)の通称
    UAS(Unmanned Aircraft Systems)と呼称する場合がある。
注2 地理情報システム(Geographic Information System)
    地理的位置を手がかりに、位置に関する情報を総合的に管理・加工し、視覚的に表示し、高度な分析や迅速な判
   断を可能にする技術。
注3 情報通信技術(Information and Communications Technology)

連絡先
近畿総合通信局無線通信部陸上第二課
担当:白神、窪
電話:06-6942-8557

ページトップへ戻る