総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 近畿総合通信局 > 報道発表資料(2017) > 平成29年度民放ラジオ難聴解消支援事業の交付を決定

報道資料

平成29年5月10日
近畿総合通信局

平成29年度民放ラジオ難聴解消支援事業の交付を決定

−近畿では(株)京都放送と西宮市が補助金による支援の対象に−
 総務省は、本日、平成29年度予算による「無線システム普及支援事業費等補助金(民放ラジオ難聴解消支援事業)」の交付決定をしました。
 これを受けて、近畿総合通信局(局長:関 啓一郎(せき けいいちろう))管内では、下記の2事業が交付対象となりました。
 今後、放送施設整備、免許手続き等を経た後、(株)京都放送についてはAM放送と同じ内容でのFMによる放送が始まることとなり、また、西宮市についてはコミュニティ放送局「さくらFM」の難聴地域解消が図られることとなります。
 
【交付決定の概要】
団体名 補助対象事業費(千円) 補助金額(千円) 事業概要
 
(株)京都放送
 
 143,860 71,930 FM方式によるAMラジオ放送の主たる補完中継局を整備
 
西宮市
 
 36,439
24,292 コミュニティ放送局用の中継局1局を整備。運営は、さくらFM株式会社
 
○ 無線システム普及支援事業費等補助金(民放ラジオ難聴解消支援事業)
 国民生活に密着した情報や災害時における生命・財産の確保に必要な情報の提供を確保するため、ラジオの難聴解消のための中継局整備を支援する事業で、その概要は別紙PDFのとおりです。
 
 
<関連資料>
・報道資料29年1月17日「無線システム普及支援事業費等補助金(民放ラジオ難聴解消支援事業)に係る提案の公募」
 http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu09_02000155.html別ウィンドウで開きます

連絡先
連絡先:放送部 放送課(担当:国本、山田)
電  話:06−6942−8566

ページトップへ戻る