総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 近畿総合通信局 > 報道発表資料(2017) > 青少年の安心・安全なインターネット利用に関するシンポジウムを和歌山市で開催

報道資料

平成29年6月5日
近畿総合通信局

青少年の安心・安全なインターネット利用に関するシンポジウムを和歌山市で開催

−子どもたちがネット社会をよりよく暮らすために大人ができること−
 近畿総合通信局(局長:関 啓一郎(せき けいいちろう))は、和歌山県と共同で、子どもたちのネット事情について理解を深め、効果的な普及・啓発活動について考えるシンポジウムを開催します。
1 開催趣旨
 インターネットが普及したネット社会は、便利な生活をおくることができる反面、様々なトラブルも起きています。子どもたちが、避けては通れないこのネット社会をよりよく暮らすために、大人に何ができるのか、参加された皆様と一緒に考えます。
 
2 開催日時及び場所
 平成29年7月9日(日)午後1時30分から午後4時30分まで
  和歌山市河北コミュニティセンター(多目的ホール)
   和歌山市市小路192番地の3
 http://www.city.wakayama.wakayama.jp/shisetsu/community/1000960.html
 
3 主催
 総務省近畿総合通信局、和歌山県
 
4 共催
 和歌山県教育委員会、和歌山県警察、スマホ連絡会(近畿)
 
5 後援
 和歌山県PTA連合会、和歌山県高等学校PTA連合会、
 和歌山県私立中学高等学校協会、安心ネットづくり促進協議会
 
6 シンポジウムの概要
基調講演 演題:ネット社会をよりよく安心して暮らすために 
〜スマホ・SNS利用の光と影〜
講師:和歌山大学 教職大学院 教授 豊田 充崇 氏
講 演 演題:LINEのご紹介と、子どもがインターネットを利用する際の注意事項              
講師:LINE株式会社 高橋 誠 氏
トーク
セッション
子どもたちがネット社会をよりよく暮らすために大人ができること
コーディネーター:
和歌山大学 教職大学院 教授 豊田 充崇 氏
総 評 兵庫県立大学 環境人間学部 准教授 竹内和雄 氏
 
7 対象者 児童、生徒、保護者及び学校関係者並びに行政機関、通信事業関係者他(一般可)
 
8 参加費 無料
 
9 定 員 150名(定員になり次第締切りとさせていただきます。)
 
10 申込み方法等
(1)近畿総合通信局 情報通信部 電気通信事業課に電子メール又はファクシミリで、下記項目を記載してお申込みください。
 (ア)件名「インターネットシンポジウム参加申込」
 (イ)企業名・団体名、所属部署、役職(個人参加の場合は不要)
 (ウ)参加者氏名(複数申込み可)
 (エ)連絡先電話番号、ファックス番号、電子メールアドレス
(2)申込先
 (ア)メールアドレス:sumaho-kinki/atmark/soumu.go.jp
    (迷惑メール防止のため、「@」を「/atmark/」と表示しています。
     メールをお送りになる際は「/atmark/」を「@」に置き換えてください。)
 (イ)ファクシミリ:06−6920−0609
 
 ☆ 個人情報については、今回のシンポジウムのみ使用し、第三者に開示・提供・預託は行いません。
 
11 申込み期限 平成29年7月5日(水)
 
 
注  スマホ連絡会(近畿)
   名称:スマートフォン時代に対応した青少年のインターネット利用に関する連絡会
   座長:兵庫県立大学環境人間学部 准教授 竹内 和雄
    近畿管内の2府4県の関係団体(自治体、警察、PTA、学校関係者、有識者等)で構成する広域的
   な連携組織として、青少年のインターネット・リテラシー向上に資する情報共有や啓発活動等を行っ
   ています。
    (平成24年12月設立、平成29年4月現在の構成・協力団体73団体)
 

連絡先
情報通信部 電気通信事業課
(担当:吉田、吉川)
電話:06−6942−8512

ページトップへ戻る