総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 近畿総合通信局 > 報道発表資料(2017) > 地域IoT実装推進セミナー「データアカデミー in 滋賀」を開催

報道資料

平成29年12月4日
近畿総合通信局

地域IoT実装推進セミナー「データアカデミー in 滋賀」を開催

−オープンデータをもとに新たな産学官連携を目指す−
 近畿総合通信局(局長:安藤 英作(あんどう えいさく))は、近畿情報通信協議会及び近畿管内の情報通信関係団体と共催して、地域IoT実装推進セミナー「データアカデミー in 滋賀」を開催します。
 本セミナーは、産学官連携によるオープンデータの利活用、自治体による政策立案時のデータ活用などの事例紹介のほか、実装に向けた課題や方策について理解を深めることを目的に開催します。
1 開催日時及び場所
 日時 平成30年1月16日(火)13時20分から16時45分まで(13時から受付)
 場所 ホテルボストンプラザ草津びわ湖 3階 リンカーンボールルーム
      住所:滋賀県草津市草津駅西口ボストンスクエア内
 
2 主催
 
近畿総合通信局、近畿情報通信協議会
 
3 共催(予定)
 滋賀県、滋賀県地域情報化推進会議、ITコンソーシアム京都、一般財団法人関西情報センター、兵庫ニューメディア推進協議会、地域ICT推進協議会、和歌山県情報化推進協議会
 
4 プログラム
13:20〜13:25 主催者あいさつ
近畿総合通信局長 安藤 英作
13:25〜13:45 特別講演
演題 テクノロジーの社会実装
講師 総務大臣政務官 小林 史明
13:45〜14:25 施策説明 
演題1:官民データ活用の全国展開に向けて
講 師:内閣官房 情報通信技術(IT) 総合戦略室
                       内閣参事官 柴ア 哲也 氏
演題2:自治体データの活用推進
講 師:総務省 情報流通行政局 地方情報化推進室長 松田 昇剛
14:25〜14:35 休憩
14:35〜16:05
事例紹介 
事例1:データに基づく政策立案
〜佐賀県庁のデータ利活用プロジェクト〜
講 師:総務省地域情報化アドバイザー 森本 登志男 氏
    (岡山県特命参与、佐賀県情報エグゼクティブアドバイザー)
 
事例2:自治体のデータ利活用について
講 師:一般社団法人コード・フォー・ジャパン
(Code for Numazu) 市川 博之 氏
 
事例3:社会資源プラットフォームミルモシリーズ(仮)
講 師:株式会社ウェルモ 代表取締役CEO 鹿野 祐介 氏
16:05〜16:45 情報交換会 
(各登壇者との意見交換のほか、参加者同士のコミュニケーションを図ります。)
  
5 対象・定員
 一般ならびに自治体、情報通信関係企業等
 定員80名(定員になり次第締め切らせていただきます。)
 
6 参加費
 無料
 
7 申込方法
   件名を地域IoT実装推進セミナー「データアカデミー in 滋賀 参加申込」とし、別紙様式(WordWORD)、(PDFPDF)に必要事項を記入の上、電子メールに添付して「seminar-kinki/atmark/soumu.go.jp」※あてに送信してください。
 
※ 迷惑メール対策をしております。送信の際は「/atmark/」を「@」に置き換えてください。
 
8 個人情報の取り扱い
 参加申込時にいただいた個人情報は、主催者において厳重に管理し、本セミナーの運営に関し必要な場合にのみ使用します。本セミナー終了後または中止決定後は、速やかに廃棄します。

連絡先
情報通信部 情報通信振興課
担当:中野、山嵜
電話:06−6942−8520

ページトップへ戻る