総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 近畿総合通信局 > 報道発表資料(2018) > 大阪市内で「電波の人体等への影響に関する説明会」を開催 −一般の方にもわかりやすく説明、どなたでも参加できます−

報道資料

平成30年11月6日
近畿総合通信局

大阪市内で「電波の人体等への影響に関する説明会」を開催
−一般の方にもわかりやすく説明、どなたでも参加できます−

 近畿総合通信局(局長:大橋 秀行(おおはし ひでゆき))は、「電波の人体等への影響に関する説明会」を下記のとおり開催します。
スマートフォンや無線LANなど暮らしの中で電波の利用が身近になる一方で、電波による健康リスクへの関心が高まっています。
 本説明会では、電波の健康への影響に関する最新の調査研究結果や国際動向について、それぞれの分野の専門家からわかりやすく説明します。

1 開催日時

 平成30年12月6日(木) 午後2時00分から午後4時40分まで
 (受付開始 午後1時30分)

2 開催場所

 滋慶医療科学大学院大学 視聴覚大講義室
 大阪市淀川区宮原1-2-8(JR新大阪駅北口徒歩1分)

3 主催・後援

 主催:近畿総合通信局、後援:近畿情報通信協議会(予定)

4 講演内容

[講演1]
 演題 電波の安全性に関する総務省の取組み
 講演者 近畿総合通信局 電波監理部長 安永 望

[講演2]
 演題 植込み型医療機器等への電波の影響について
 講演者 滋慶医療科学大学院大学 教授 加納 隆 氏

[講演3]
 演題 生活環境における人体への電波の影響について
 講演者 京都大学 生存圏研究所 特任教授 宮越 順二 氏

5 定員

 90名(定員になり次第締切りとさせていただきます。)

6 参加費

 無料

7 申込方法(申込期限:12月3日(月))

 当該説明会の請負業者である(株)オーエムシーのウェブサイトからお申込みいただけます。
 https://www.omc.co.jp/denpa2018/osaka/index.html別ウィンドウで開きます

連絡先
電波監理部電波利用環境課
(担当:田中、藤本)
電話:06−6942−8533

ページトップへ戻る