総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 近畿総合通信局 > 報道発表資料(2019) > 大使館・領事館に対し被災地の自国民への情報伝達手段を利用開放する実証の開始について Providing embassies and consulates a powerful tool to contact with their people in disaster-stricken areas

報道資料

平成31年3月20日
近畿総合通信局

大使館・領事館に対し被災地の自国民への情報伝達手段を利用開放する実証の開始について
Providing embassies and consulates a powerful tool to contact with their people in disaster-stricken areas

Click here for English version Press Release》
 近畿総合通信局(局長:大橋 秀行(おおはし ひでゆき))は、外国人旅行者や外国人住民に災害情報等を伝えることができるプラットフォーム上での情報発信を、本年4月から開始します。
 「言葉の壁」がある外国人が被災したときに自国の大使館・領事館からのメッセージが届くようにすれば、大事な情報からの孤立を防ぐ一助になるので、すべての大使館・領事館に対しプラットフォーム利用を無料開放することを目指します。

1 背景

 関西には、大勢のインバウンド観光客が来訪し、留学生が学び、研修生・労働者が暮らしています。ひとたび大規模災害が発生すれば、被災地の自国民を保護しようとする大使館・領事館は、連絡の手段にも苦労することでしょう。
 多くの大使館・領事館は、災害情報を自身のサイトに自国の言葉で掲載します。しかし、大使館・領事館では収集が難しい情報があるし、情報の更新を知らせることも簡単ではありません。掲載自体を知らない人も少なくないでしょう。被災地の自国民を自身の情報サイトにタイムリーに導くことさえできれば、大事な情報からの孤立を防げます。

2 トライアルの概要

 「もてなしと共生のための情報対策協議会」(本年1月31日発足)(注1)は、海外の報道ニュースを無料視聴できるアプリPortable News″(注2)をダウンロードしている自国民に対して各国の大使館・領事館がメッセージをプッシュ通知する実証を本年4月から開始します(当初はAndroid版のみ)。

(注1)報道資料「「もてなしと共生のための情報対策協議会」の発足について」
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kinki/01sotsu07_01001464.html

(注2)報道資料「外国人への多言語災害情報伝達システムの実証運用開始について」
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kinki/01sotsu07_01001477.html

 日本にいる外国人が被災したときには、自国の大使館・領事館からの情報が何より頼りになるでしょうし、帰国のための情報も大使館・領事館が直接に発信するものを信頼するでしょう。大使館・領事館は、自国民がこのアプリをダウンロードしていれば日本国内のどこにいようとも、自らが情報発信主体になってメッセージを届けることができます。
 関西には総領事館が比較的多数立地しているものの、開設していない国も多数あります。大使館・領事館の管轄エリアは国によって違いますが、大規模災害がどこで起きようとも、大使館・領事館は、協力して被災地の自国民保護に動きます。このため、プラットフォームの利用開放は、全国のすべての大使館・領事館を対象にします。
 大使館・領事館の実証参加については、下記の連絡先で受け付けています。詳細は、お問い合わせ下さい。


(English)
Title:
 Providing embassies and consulates a powerful tool to contact with their people in disaster-stricken areas
 
Background:
 In Kansai area, there are many foreign tourists, students and workers. Once big disaster happens, embassies and consulates will try to contact with their people for their safety, but the way is limited.
 Embassies and consulates will upload information about disaster on their website for their people. However, it is difficult to collect all information and inform them updated website. Not all of the people ever know the website. If there is a way for the embassies and consulates to directly contact with the people, the citizens could be guided to the website and get essential information.
 “Disaster Information Cloud Platform (DICP)” has been on a trial basis from this March. It is a platform which enables embassies, consulates, foreign communities,   public transportations, schools and local governments to push notification in their languages. This platform will prevent foreign people from being isolated from important information because of their lack of Japanese.
 
About the field test
   The management office of this project is going to have the field tests this April. Embassies and consulates send messages directly to their own people who download the APP, “Portable News” (Android version at the moment).  They will get push notifications in their smart phones.
  Foreigners staying in Japan must rely on information from embassies and consulates under disaster situations. It is the embassies and consulates that can provide them reliable information for returning home, which is not available on television news. The embassies and consulates can send message to their people when they get the authority of sending message on the platform (DICP). Wherever APP users stay in Japan, they get push notifications from the embassies and consulates.
  Compared to other areas in Japan, there are many general consulates in Kansai.
However, there are still many countries that have no consulates there. The jurisdiction of the embassies and consulates varies depending on the county. Wherever disaster happens in Japan, however, they all will work to protect their people from hazards. For this reason, we will offer the chances for using the platform to all embassies and consulates in Japan. It is available for free.
  In the third week of April, we are going to have the field tests for embassies and consulates. In the tests, the participating embassies and consulates can send test messages all at once. As the field test preparation, we will hold briefing session beforehand to explain details about giving the authorities of sending message, the rule of sending, and how to use the platform.
  We hope many of embassies and consulates join the briefing session and field tests. Please feel free to contact us.
 
e-mail address: motenasystem@ml.soumu.go.jp

連絡先
情報通信部
 情報通信連携推進課長 村上
 情報通信振興課長 伊東
  電話:06−6942−8623
  ファクシミリ:06−6920−0609
  電子メール:motenasystem@ml.soumu.go.jp

ページトップへ戻る