総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 信越総合通信局 > 報道資料 2017年 > 信越地域における放送の強じん化、ラジオ放送の難聴対策を支援 〜民放ラジオ難聴解消支援事業の補助金交付を決定〜

報道資料

平成29年5月10日
信越総合通信局

信越地域における放送の強じん化、ラジオ放送の難聴対策を支援
〜民放ラジオ難聴解消支援事業の補助金交付を決定〜

 総務省は、本日、平成29年度予算による「無線システム普及支援事業費等補助金(民放ラジオ難聴解消支援事業)」の交付決定を行いました。
 なお、信越総合通信局(局長 清水 智之)管内では、以下の3事業が実施されます。

【交付決定の概要】

無線システム普及支援事業費等補助金(民放ラジオ難聴解消支援事業)
団体名(事業主体) 事業費
(千円)
補助金額
(千円)
事業概要
信越放送(株) 91,670 61,113 高ボッチ補完中継局(塩尻市)を整備
44,670 29,780 飯田補完中継局(飯田市)を整備
 ※信越放送(株)のAMラジオの難聴地域の解消を図るため、FM方式による中継局を整備するもの。なお、FM方式の主たる補完局(美ヶ原(松本市))について、平成29年3月30日に交付決定済み。

 
団体名(事業主体) 事業費
(千円)
補助金額
(千円)
事業概要
(株)エフエム雪国 22,200 14,800 三俣中継局(湯沢町)を整備
 ※湯沢町における(株)エフエム雪国の難聴地域の解消を図るため、三俣地区に中継局を整備するもの。

【参考】民放ラジオ難聴解消支援事業の概要PDF


<関連報道資料>
・平成29年度「無線システム普及支援事業費等補助金(民放ラジオ難聴解消支援事業)」に係る提案の公募 
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu09_02000155.html

連絡先
情報通信部放送課
電話:026−234−9938
 

ページトップへ戻る