総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 信越総合通信局 > 報道資料 2017年 > 株式会社エフエム雪国の中継局に予備免許 〜新潟県湯沢町内でコミュニティ放送のエリアが拡大〜

報道資料

平成29年7月12日
信越総合通信局

株式会社エフエム雪国の中継局に予備免許
〜新潟県湯沢町内でコミュニティ放送のエリアが拡大〜

 信越総合通信局(局長:清水 智之)(長野市)は、本日、株式会社エフエム雪国(代表取締役社長:塩谷 成一(しおや せいいち))から免許申請のあった超短波放送局(コミュニティ放送局)の中継局1局に対して、予備免許を付与しました。
 株式会社エフエム雪国は、平成10年から新潟県の南魚沼市及び南魚沼郡湯沢町の一部地域において、コミュニティ放送を実施しています。
 本中継局の開設により、これまで放送エリア外となっていた湯沢町の三俣(みつまた)地区においても、コミュニティ放送の受信が可能となります。
 なお、本中継局は、平成29年度予算による「無線システム普及支援事業費等補助金(民放ラジオ難聴解消支援事業)」を活用して整備されるものです。

【予備免許した中継局の概要】

放送局の名称 エフエム雪国三俣中継局
放送区域 新潟県南魚沼郡湯沢町の一部 ※放送区域図は別図PDFのとおり
放送区域内世帯数 102世帯(申請書による)
送信所設置場所  新潟県南魚沼郡湯沢町
指定事項 電波の型式及び周波数 F8E 76.2MHz
空中線電力 5W(最大実効輻射電力 12W)
運用許容時間 常時
本放送開始予定 平成29年10月頃

【関係報道資料】

・信越地域における放送の強じん化、ラジオ放送の難聴対策を支援〜民放ラジオ難聴解消支援事業の補助金交付を決定〜(平成29年5月10日)
 http://www.soumu.go.jp/soutsu/shinetsu/sbt/hodo/170510.html

連絡先
情報通信部放送課
電話:026−234−9938

ページトップへ戻る