総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 信越総合通信局 > 報道資料 2017年 > “地域医療のICT最前線” 先進事例に学ぶセミナー・勉強会を開催 〜医療・介護・健康分野のIoT実装を考える〜

報道資料

平成29年11月6日
信越総合通信局

“地域医療のICT最前線” 先進事例に学ぶセミナー・勉強会を開催
〜医療・介護・健康分野のIoT実装を考える〜

  信越総合通信局(局長 清水 智之)は、信越情報通信懇談会(会長 不破 泰 信州大学 総合情報センター長・教授)との共催により、新潟市内で医療・介護・健康分野におけるIoT実装のセミナー・勉強会を開催します。
  当局では、教育、働き方、防災、農林水産業など、生活に身近な分野に関するIoT実装のアンケート調査に取り組み、その結果、新潟県で最も関心が高かった医療・介護・健康分野をテーマとして、基調講演及び先進事例の紹介を行い、IoT実装を考えることとしました。
  また、セミナー終了後、自治体及び信越情報通信懇談会会員を対象とした勉強会を開催し、実装に向けた課題や方策の意見交換を行います。
1  開催日時及び場所
  日 時  平成29年12月6日(水)
        13時30分〜15時35分(セミナー)
        15時55分〜17時45分(勉強会)
  場 所 ANAクラウンプラザホテル新潟 阿賀の間(セミナー)、飯豊の間(勉強会)
        (新潟市中央区万代5-11-20)

2  参加対象及び定員
  参加対象  自治体、企業・団体、一般
          ※セミナーはどなたでも参加できます。勉強会は、自治体関係者及び信越情報通信懇談会
           会員のみとさせていただきます。
  定員    80名(先着順、聴講無料)

3  プログラム
 (1) セミナー
   基調講演:(株)NTTデータ経営研究所  ライフ・バリュー・クリエイションユニット
            ヘルスケアグループ長  アソシエイトパートナー  米澤  麻子  氏
      演題:ヘルスケアの未来 〜次世代の医療・介護・健康〜

   事例紹介1:長岡市医師会 会長  長尾  政之助  氏
      演題:長岡フェニックスネットワークで支える高齢者の安心な暮らし

   事例紹介2:神戸市  保健福祉局  介護保険課
             地域包括支援係(介護予防推進担当)  保健師  藤原  美幸  氏
      演題:ICT地域包括ケアモデル〜住民のPHRの推移による介護予防モデル〜

   特別講演1:総務省  情報流通行政局  地域通信振興課
      演題:ICT/IoT実装に向けた総務省の取組(仮)

       特別講演2:内閣官房 情報通信技術(IT)総合戦略室
               演題:官民データ活用の全国展開に向けて(仮)

 (2) 勉強会
     講師、自治体及び信越情報通信懇談会会員による意見交換等を行います。
    ・講師の方々による、医療・介護・健康分野におけるIoT実装の相談対応
    ・参加者間の意見交換
    ・自治体と企業・団体とのマッチング
    ・企業・団体のポスター、パンフレット、機器の展示

4  主催等
   主 催  信越総合通信局、信越情報通信懇談会
   後 援  新潟県(予定)、新潟市(予定)

5 参加申込方法
  参加をご希望の方は、別添の参加申込書に必要事項をご記入の上、11月27日(月)までに以下のメールアドレスへ
  お申し込みください。
  申込先メールアドレス shinetsu-event_atmark_soumu.go.jp
  ※スパムメール対策のため、「@」を「_atmark_」と表示しております。

・添付資料「パンフレット」PDF
        「参加申込書」WORD

連絡先
情報通信部情報通信振興室
電話 026-234-9937

ページトップへ戻る