総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 東北総合通信局 > 報道資料 2018年 > V-Lowマルチメディア放送の業務認定証と無線局免許状を交付 − 東北地方で新たな放送サービスが提供可能に −

報道資料

平成30年4月27日
東北総合通信局

V-Lowマルチメディア放送の業務認定証と無線局免許状を交付
− 東北地方で新たな放送サービスが提供可能に −

 東北総合通信局(局長:伊丹 俊八)は、本日、北日本マルチメディア放送株式会社(代表取締役社長 剣持 文仁)に対して、移動受信用地上基幹放送(V-Lowマルチメディア放送)の業務認定証を交付しました。
 また、当該放送を行うために開設する基幹放送局2局の免許申請について、株式会社VIP(ヴィアイピー)(代表取締役社長 仁平 成彦)に対して、同日、無線局免許状を交付しました。
 今回のソフト事業者(放送番組の編集主体:北日本マルチメディア放送株式会社)の認定及びハード事業者(無線局の管理運用主体:株式会社VIP)の免許により、東北地方におけるV-Lowマルチメディア放送サービスの提供が可能となりました。
 北日本マルチメディア放送株式会社は、5月1日からの放送開始を予定しており、各種エンターテイメントや行政情報を始め、地域密着の生活情報や安全安心情報など、多彩なコンテンツの提供が予定されています。
注:「V-Lowマルチメディア放送」とは、地上アナログテレビジョン放送終了により使用可能と なった周波数のうち99メガヘルツを超え108メガヘルツ以下の周波数を使用して、映像・音声・データを専用の受信端末に向けて行うことができる放送のことで、既に関東・甲信越、東海・北陸、近畿及び九州・沖縄の各広域圏でサービスが開始されています。
【関連報道資料】
  〇東北地方で初のV-Lowマルチメディア放送局に予備免許(平成29年10月30日)
    http://www.soumu.go.jp/soutsu/tohoku/hodo/h291030a1001.html別ウィンドウで開きます
  〇V-Lowマルチメディア放送の中継局に予備免許(平成29年11月17日)
    http://www.soumu.go.jp/soutsu/tohoku/hodo/h291117a1001.html別ウィンドウで開きます
  〇99MHzを超え108MHz以下の周波数を使用する移動受信用地上基幹放送の業務
    (東北広域圏)の認定に係る電波監理審議会からの答申(平成30年3月1日)
    http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu09_02000202.html別ウィンドウで開きます

連絡先

  東北総合通信局
  放送部放送課
  TEL:022-221-0696

ページトップへ戻る