総務省トップ > 情報通信トップページ > 700MHz帯を使用する携帯電話基地局の開設に伴うテレビ受信障害対策について

700MHz帯を使用する携帯電話基地局の開設に伴うテレビ受信障害対策について

700MHz帯の周波数再編について

 総務省は、近年のスマートフォンの普及等に伴う携帯電話のトラヒック急増、地上デジタルテレビ放送への完全移行等を踏まえ、700MHz帯の周波数再編を行っています。

 700MHz帯の周波数再編では、新たに同周波数帯を携帯電話事業者(イー・アクセス株式会社(現ソフトバンク株式会社)、株式会社NTTドコモ、KDDI株式会社/沖縄セルラー電話株式会社)に割当て、現在、同周波数帯を使用している既存システム(FPU及び特定ラジオマイク)の周波数移行を実施しています。

テレビ受信障害対策について

 地上デジタル放送の完全移行により空いた周波数では、これまで地上テレビジョン放送が使用していた周波数に携帯電話の電波が発射されることになります。このため、700MHz帯携帯電話基地局周辺の家屋・ビル建物において、受信したテレビ信号を増幅する装置(受信ブースター)を使用して地上デジタル放送を視聴している場合、受信ブースターの動作不良等により放送を正常に視聴できなくなることがあります(テレビ受信障害)。

 具体的に起こりうる受信障害としては、下記のように、テレビの画面が映らなくなったり、画面上にブロックノイズが現れたり、画面が固まってしまうといった障害が起こる可能性があります。

地デジテレビ受信機の正常時と受信障害発生時との比較図 暗転して画面が表示されない(ブラックアウト)、画面に四角いノイズが表示される(ブロックノイズ)、画面が固まる(フリーズ)の事例が表示されています。

 こうした障害を解消するため、携帯電話事業者は「一般社団法人700MHz利用推進協会」を設立し、700MHz帯携帯電話基地局周辺の家屋・ビル建物におけるテレビ受信設備の対策を進めています。お住まいの近くに700MHz帯携帯電話基地局が開設され、テレビ受信への影響が想定される場合には、事前に「一般社団法人700MHz利用推進協会」より、受信障害対策工事のお願い等の周知があります。

事前対策が必要な地域のお住まいには下記のチラシ1が配布されます。
テレビに影響が出るおそれがある地域のお住まいには下記のチラシ2が配布されます

 「一般社団法人700MHz利用推進協会」の工事作業員が、テレビアンテナ等の調査や工事に直接訪問する場合がありますが、こうした対策工事にかかる費用は全て「一般社団法人700MHz利用推進協会」が負担し、テレビ視聴者の皆様に対する費用請求は絶対にありません。テレビ受信障害対策を装った詐欺行為や悪徳商法等にご注意ください。

訪問する工事作業者は、「テレビ受信障害対策員証」を携行しています。不審に思われた場合は提示を求め、チラシに記載しているコールセンター(0120-700-012)へお問い合わせください。

 ご不明の点につきましては、「一般社団法人700MHz利用推進協会」の「700MHzテレビ受信障害対策コールセンター」にお問い合わせください。

700Mhz(メガヘルツ)テレビ受信障害対策コールセンター (フリーダイヤル)0120-700-012 IP電話等で上記電話番号につながらない場合は、050-3786-0700におかけください 受付時間:午前9時から午後10時(土日・祝祭日及び年末年始を含む)

新しく受信ブースターを購入される方へ

 700MHz帯の携帯電話等の電波の影響を軽減する受信ブースターには、下記の「DHマーク710」というマークが付いております。家を新築するなど、新しい受信ブースターを購入されるような場合は、「DHマーク710」が付いた製品をご利用されるようご協力をお願いいたします。

DHマーク710画像 紫色の正方形の中に、白い文字で「JEITA DH 710」と書かれています

DHマーク710(デジタルハイビジョン受信マーク710)は、一般社団法人電子情報技術産業協会で審査・登録された一定以上の性能を有する機器のうち、現在の地上デジタルテレビ放送チャンネル(UHF13〜52ch)に対応したブースターに付与されるシンボルマークです。

参考リンク

ページトップへ戻る