ホーム 一般利用者の対策基本的な対策 > サーバ証明書の切り替えによる影響について


サーバ証明書の切り替えによる影響について

   私たちがインターネットを通じてオンラインショップ、インターネットバンキングといったサービスを利用する際には、通信内容を暗号化して第三者から盗み見られないようにすることで取引の安全性を高めています。この通信内容の暗号化にあたっては「サーバ証明書」を使用していますが、このサーバ証明書について、今後新しい仕様へと順次切り替わります※1。
 今日使用されているPC・スマートフォンの端末の多くは、既に新しい仕様のサーバ証明書に対応しているため従来通り暗号化通信が可能ですが、フィーチャーフォンの一部機種や10年以上前の古いPC等においては、新しいサーバ証明書を使用しているサイトが表示できなくなる可能性があります。
 インターネットを通じてオンラインショッピングやインターネットバンキング等を利用している方は、ご留意ください。また、各携帯電話事業者ではサーバ証明書の切り替えにより影響を受ける機種等についてホームページで周知しておりますので、併せてご覧下さい。


※1 サーバ証明書の切り替え
 暗号化通信(SSLTLS)を使用する際に用いるサーバ証明書について、これまで広く使用されてきた暗号アルゴリズムSHA-1から、より安全性の高い暗号アルゴリズムSHA-2に移行することが世界的な取組として進められています。2016年1月1日以降、SHA-1を用いた新規のサーバ証明書が発行されなくなります。