ホームホームページを見るときの注意 > 他人のID(アイディー)・パスワードを使うのはやめよう


他人のID(アイディー)・パスワードを使うのはやめよう

  オンラインゲームなどにログインするときに使う、IDパスワードは、あなたや友だちなど、利用者(りようしゃ)一人一人に配られている身分証(みぶんしょう)のようなものです。インターネット上で、あなた自身を表す大事なものですから、友だち同士(どうし)で一緒(いっしょ)にオンラインゲームで遊ぶ場合も、むやみに自分のIDパスワードを教えたり、友だちに聞いたりすることはやめましょう。

  もしも友だちから聞いたIDパスワードを使って、友だちの許可(きょか)なしに勝手にゲームを利用(りよう)したら、法律(ほうりつ)違反(いはん)になる場合もあります。絶対にしないようにしましょう。

【ご家庭の方へ】

  お子様が動画サイトやオンラインゲームのサイトを利用される場合には、課金されるものがあることを説明し、許可なく利用させないようにしましょう。

  また、本人に無断で、他人のIDパスワードを用いてオンラインゲームなどのサービスを利用することは、「不正アクセス行為の禁止等に関する法律」に違反する可能性があります。実際に、小中学生が補導された事例もありますので、特にお子様の利用実態を把握し、そういった行為が禁止されていることを指導するようにしてください。