ホームホームページを見るときの注意 > 書きこみに注意しよう


書きこみに注意しよう

  名前や住所、電話番号、メールアドレスといった一人一人についての情報(じょうほう)のことを個人情報(こじんじょうほう)といいます。インターネットはいろいろな人が利用(りよう)するため、これらの個人情報(こじんじょうほう)を、電子掲示板(でんしけいじばん)などに書きこまないように注意しましょう。インターネットを利用する人の中には、悪い人もいるからです。

  たとえば、電子掲示板(でんしけいじばん)に自分のメールアドレスを書きこんだら、悪い人からいやがらせのメールが送られてくるかもしれません。自分の個人情報(こじんじょうほう)だけでなく、家族や友だちの個人情報(こじんじょうほう)も、同じように注意が必要です。

  またインターネットでは、どんな人が見ているかがわからないため、書きこむ内容(ないよう)に注意しなければなりません。だれでも、自分の秘密(ひみつ)をできるだけ他の人には知られたくはないはずです。そのため、他の人のプライバシーに関することを勝手に公開しないようにしましょう。

  また、インターネットのホームページや電子掲示板(でんしけいじばん)などに、自分が知らないうちに自分の名前、住所や電話番号、写真のような個人情報(こじんじょうほう)が公開されてしまったら、犯罪(はんざい)などに使われたりしないよう、できるだけ早く削除(さくじょ)してもらうようにお願(ねが)いしなければなりません。

  これらの個人情報(こじんじょうほう)の削除(さくじょ)をお願(ねが)いするには、そのホームページや電子掲示板(でんしけいじばん)を家族の人や先生に見てもらって相談してください。

【ご家庭の方へ】

  お子様がインターネットを使う場合に、どのようなサービスを利用し、どのような情報を書き込んでいるか、把握できるようにしておきましょう。必要以上にプライバシー情報を公開したり、他人のプライバシーの侵害などをしていないか、確認してください。
  特にプロフィールの情報に関しては、お子様が犯罪に巻き込まれ易いのでお子様任せにせず、ご家庭の方が確認しながら書き込ませるようにしましょう。
  また、自分の個人情報がインターネットに書かれたりした場合は、必ず大人に相談するように、お子様を指導しましょう。削除依頼をする場合は、ご家庭の方がするようにしてください。
  その他、お子様が判断に困った場合は、お子様自身でさせずに必ず報告させ、ご家庭の方が判断をするようにしてください。