ホーム安全の基本(きほん) > ルールやマナーを守って使おう


ルールやマナーを守って使おう

  学校やふだんの生活と同じように、インターネットを使う場合にも、いろいろなルールやマナーがあります。家族の人といっしょに、インターネットを使うときのルールやマナーについて、話し合ってみましょう。

インターネットにのめりこまないようにしよう

  皆さんは、食事中にも携帯(けいたい)電話でインターネットをしたり、夜おそくまで友だちとメールをしたりしていませんか?せっかく便利(べんり)なインターネットも、夢中(むちゅう)になりすぎて、周(まわ)りの人たちのことが見えなくなってしまったり、体を壊(こわ)してしまうインターネット中毒(ちゅうどく)になってしまっては、意味(いみ)がありません。

  たとえば食事中は携帯(けいたい)電話をさわらない、インターネットは一日のうち時間をきめて使う、などのルールやマナーをしっかり守って、使うようにしましょう。

インターネットに書きこむときは、見る人の気持ちを考えよう

  電子掲示板(でんしけいじばん)などに、だれかの悪口や、他の人が気分を悪くするようなことを書きこんだりしないようにしましょう。ふだんの生活の中で、悪口を言ったり、いやがらせをするのがいけないのと同じことです。特(とく)に、電子掲示板(けいじばん)は、多くの人が見るものなので、悪口を書かれた人がそのことを知ったら、とてもつらい気持ちになるでしょう。みんながインターネットを気持ちよく使えるように、書きこみには注意しましょう。

ホームページの文や写真を勝手に使わないようにしよう

  もう一つ、インターネットを使うときの大切なルールがあります。それはホームページに公開されている文や写真などは、多くの場合、作った人のものなので、作った人に使っていいかを聞(き)かずに、勝手にコピーして使ってはいけないということです。勝手に使ってしまうと、場合によっては、法律違反(ほうりついはん)になることがあります。

  ホームページの中には、他の人が文や写真を使うことを許可(きょか)しているところもあります。家族の人や先生に確(たし)かめてもらいながら、利用(りよう)するようにしましょう。