国民のための情報セキュリティサイト 国民のための情報セキュリティサイト
アニメの使い方更新履歴このサイトの利用方法サイトマップリンク集ダウンロードお問い合わせ
対策社員・職員全般ウイルスからの防御 トップページへ戻る
「企業・組織」の情報セキュリティ対策:社員・職員全般
安全なパスワード管理
ウイルスからの防御
悪意のあるホームページ
ソフトウェアの情報セキュリティ対策
バックアップ
ソーシャルエンジニアリングの対策
廃棄するコンピュータやメディアからの情報漏洩
持ち運び可能なノートパソコンを利用する上での危険性と対策
持ち運び可能なメディアを利用する上での危険性と対策
ボットの危険性と対策
ウイルスからの防御

コンピュータを攻撃するウイルス 自分のコンピュータや社内のネットワークを防御するためには、まず第一にウイルスへの適切な予防が必要です。

 従来のウイルスは、ほとんどが不用意に添付ファイルを開かないといった対策だけでも十分でしたが、最近のウイルスは、電子メールプレビューしたり、Webブラウザでホームページを閲覧したりするだけで感染するなど、その仕掛けはますます複雑で狡猾なものになってきています。ウイルスに感染したときの活動内容も、電子メールをやり取りした相手のメールアドレスを探し出して、何十通ものウイルス付きの電子メールを自動的に送信したり、LANに接続している他のコンピュータに感染したりするなど、以前に比べて被害規模が急速に拡大し、感染速度も速まってきています。

 ウイルス感染の予防対策として、必ず行わなければならないことは、コンピュータにウイルス対策ソフトをインストールして、ウイルス検知用データを常に最新のものに更新しておくことです。

 次に行わなければならないことは、企業や組織での情報システム部門などからのウイルスに関する連絡に注意を払い、もしおかしいなと思った電子メールが届いた場合は、情報システム部門などにすぐに相談することです。また、Webブラウザの設定についても、情報システム部門に問い合わせするなどして適切な設定に変更するという方法を取ることも大切です。

 万一ウイルスに感染してしまった場合は、コンピュータのLANケーブルを抜くなどの方法で、社内のネットワークからコンピュータを切り離すことを心がけてください。その上で社内の情報システム部門などに相談しましょう。

 ウイルスに感染してしまうと、インターネットに個人情報や機密情報が漏洩してしまったり、盗み出されてしまったりする危険性もあります。また、取引先の方にウイルスが含まれた電子メールが送られてしまったという話を聞くこともあると思います。これらのような事態が発生した場合には、企業・組織として信用を大きく落とすことになります。今後も、より一層悪質で強力なウイルスが発生し続けることは間違いありません。そのため、ひとりひとりのユーザーがウイルスに対する正しい知識を持って対応することが、企業・組織における情報セキュリティにとっては何よりも大切なことであると言えます。

注意
 最近、無料のウイルス対策ソフトのように見せかけて、ウイルスをインストールさせる手口による被害が増えているため、注意してください。その代表的な手口は、ホームページなどで「あなたのコンピュータはウイルスに感染しています」のようなメッセージを表示し、偽のウイルス対策ソフトダウンロードWebサイトに誘導して、ウイルスをインストールさせる方法です。
 ホームページを見ているだけでウイルス対策ソフトのインストールを促された場合には、不用意にリンク先のホームページに接続したり、ソフトウェアをダウンロード/インストールしたりしないようにしてください。


ページ参照 知識:ウイルスって何?

(2009年3月更新)

国民のための情報セキュリティサイトトップへ