国民のための情報セキュリティサイト 国民のための情報セキュリティサイト
アニメの使い方更新履歴このサイトの利用方法サイトマップリンク集ダウンロードお問い合わせ
対策社員・職員全般バックアップ トップページへ戻る
「企業・組織」の情報セキュリティ対策:社員・職員全般
安全なパスワード管理
ウイルスからの防御
悪意のあるホームページ
ソフトウェアの情報セキュリティ対策
バックアップ
ソーシャルエンジニアリングの対策
廃棄するコンピュータやメディアからの情報漏洩
持ち運び可能なノートパソコンを利用する上での危険性と対策
持ち運び可能なメディアを利用する上での危険性と対策
ボットの危険性と対策
バックアップ

 安全にコンピュータを利用するためには、定期的なバックアップが不可欠です。クライアントのコンピュータでは、ワープロソフトや表計算ソフトなどで作成したドキュメントファイルだけでなく、送信した電子メールや受信した電子メール、よく利用するホームページのURLアドレスなども、バックアップしておかなければなりません。

 バックアップには、バックアップ用のファイルサーバーやインターネット上のオンラインストレージ、外付けのハードディスクにコピーする方法、CD-RやDVDメディアなどの外部の記憶媒体を利用する方法などがあります。まず、どのようなバックアップ方法を推奨しているかということを、情報管理担当者や情報システム部門などに確認するか、情報セキュリティポリシーや社内ルールで確認した上でバックアップ方法を決定してください。

 バックアップするファイルの数が多いときには、手動でファイルをコピーするのはとても大変な作業になってしまいます。その場合には、OSに付属しているバックアップツールや市販のバックアップソフトの導入を検討してみるとよいかもしれません。

 なお、外部の記憶媒体バックアップされた情報は、たとえ個人のコンピュータ内の情報だからといって外に持ち出したり、机の上に放置したりすることは避けなければなりません。企業・組織にとって重要な情報が含まれる場合がありますので、鍵のかかる場所に保管するなど、適切な保管方法をとるべきです。

データのバックアップ

注意
 最近は機密情報や個人情報の漏洩を防止するため、情報セキュリティポリシーで、個人による外部の記憶媒体の利用を禁止または制限している企業が増えてきています。バックアップ用に外部の記憶媒体を利用する場合には、事前に情報管理担当者や情報システム部門などに相談するか、情報セキュリティポリシーをよく確認してから行うようにしてください。

(2009年3月更新)

国民のための情報セキュリティサイトトップへ