国民のための情報セキュリティサイト 国民のための情報セキュリティサイト
アニメの使い方更新履歴このサイトの利用方法サイトマップリンク集ダウンロードお問い合わせ
対策一般利用者個人情報の取り扱い トップページへ戻る
「エンドユーザー」の情報セキュリティ対策:一般利用者
インターネットの匿名性
個人情報の取り扱い
プライバシーの保護
ウイルスに注意
悪意のあるホームページ
ソフトウェアを最新に保とう
ネットオークションにおける危険性
ショッピングサイトの利用
チェーンメールの問題点
迷惑メールへの対応
常時接続の危険性
スパイウェアに注意
フィッシング詐欺に注意
携帯電話におけるセキュリティ確保の重要性と対策
ファイル共有ソフトの利用とその危険性
ワンクリック詐欺の概要
USBメモリからのウイルス感染
ボットの危険性と対策
インターネットにおける安全性の確保
スマートフォン情報セキュリティ3か条(利用者が最低限取るべき情報セキュリティ対策)
個人情報の取り扱い

様々な個人情報 インターネットは不特定多数の人が利用しているため、個人情報の取り扱いには特に慎重にならなければなりません。電子掲示板に自分のメールアドレスを公開しただけでも、いたずらの電子メールが送信されてきたり、ネットストーカーにつきまとわれるなどの被害にあうこともあります。

 まず第一に、電子掲示板やホームページには、氏名や住所、電話番号、メールアドレスなどの個人情報をできるだけ掲載しないようにすることが大切です。もちろん、自分の個人情報だけでなく、家族や知人の個人情報も同様です。

 また、訪問したホームページで個人情報を登録する際には、特に注意が必要です。信頼できないホームページや管理者が不明なホームページでは、できるだけ個人情報を登録しないように心がけるべきです。悪質なホームページでは、登録された個人情報は、名簿として売買されるだけでなく、犯罪行為などに利用される可能性もあります。

 最近では、登録した人だけが参加できるSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)というサービスが増えてきています。多くのSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)では、あらかじめ自分のプロフィールを登録しておくようになっていますが、このような場合であっても、できるだけ住所や電話番号といった個人情報は不用意に登録しないように注意してください。

ページ参照知識:SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の仕組み

国民のための情報セキュリティサイトトップへ