国民のための情報セキュリティサイト 国民のための情報セキュリティサイト
アニメの使い方更新履歴このサイトの利用方法サイトマップリンク集ダウンロードお問い合わせ
対策一般利用者悪意のあるホームページ トップページへ戻る
「エンドユーザー」の情報セキュリティ対策:一般利用者
インターネットの匿名性
個人情報の取り扱い
プライバシーの保護
ウイルスに注意
悪意のあるホームページ
ソフトウェアを最新に保とう
ネットオークションにおける危険性
ショッピングサイトの利用
チェーンメールの問題点
迷惑メールへの対応
常時接続の危険性
スパイウェアに注意
フィッシング詐欺に注意
携帯電話におけるセキュリティ確保の重要性と対策
ファイル共有ソフトの利用とその危険性
ワンクリック詐欺の概要
USBメモリからのウイルス感染
ボットの危険性と対策
インターネットにおける安全性の確保
スマートフォン情報セキュリティ3か条(利用者が最低限取るべき情報セキュリティ対策)
悪意のあるホームページ

 インターネットを利用すると、世界中にある数多くのホームページを閲覧することができますが、残念なことにそれらの中にはいたずらや情報収集を目的としたものもあります。このような悪意のあるホームページを閲覧すると、使用しているコンピュータシステムが壊れてしまったり、ウイルスに感染してしまったりすることがあります。また、特殊なプログラムが埋め込まれたホームページでは、あなたのコンピュータに格納されている情報やファイルが盗み出されてしまう可能性もあります。

 ホームページによっては、Cookieを利用して、閲覧時に入力した情報をWebブラウザに保管させることがありますが、Webブラウザで保管されているCookieの中には、パスワードやクレジットカード番号など、重要な個人情報が含まれることもあります。使用しているWebブラウザのメーカーのホームページなどを見て、Cookieの適切な取り扱い方法や、Webブラウザの設定変更の方法について調べてみましょう。

 このようなホームページの被害を受けないために、まずはウイルス対策ソフトを導入するか、プロバイダによるウイルス対策サービスを利用するようにしてください。その上で、怪しいホームページはできる限り閲覧しないことが大切です。特に、不特定多数のユーザーが利用する電子掲示板では、いやがらせのためにこのような動作をするホームページへのリンクを貼り付ける場合があるので、むやみにリンクをクリックせずに慎重に利用するようにしましょう。

 最近では悪意を持たないホームページであっても、ホームページ開設者の知らないうちにWebページが改ざんされてしまい、別の悪意のあるサイトの一部が見えないように埋め込まれていたり、自動的に別のサイトに誘導されたりすることが増えています。このような改ざんされたホームページから身を守るためにも、やはりしっかりとしたウイルス対策が必要です。また、パッチ等の修正プログラムを確実に適用し、Webブラウザは常に最新の状態を保つようにしてください。

 悪意のあるスクリプトが自動的に実行されないようにするには、Webブラウザの設定を変更して、JavaScriptの実行時に警告を出すようにする、もしくは信頼できるWebサイト信頼済みサイト)以外ではJavaScriptを実行させないといったことを実施してください。

悪意のあるホームページによる被害

アニメーションで説明を見る

(2009年3月更新)

国民のための情報セキュリティサイトトップへ