国民のための情報セキュリティサイト 国民のための情報セキュリティサイト
アニメの使い方更新履歴このサイトの利用方法サイトマップリンク集ダウンロードお問い合わせ
対策一般利用者ソフトウェアを最新に保とう トップページへ戻る
「エンドユーザー」の情報セキュリティ対策:一般利用者
インターネットの匿名性
個人情報の取り扱い
プライバシーの保護
ウイルスに注意
悪意のあるホームページ
ソフトウェアを最新に保とう
ネットオークションにおける危険性
ショッピングサイトの利用
チェーンメールの問題点
迷惑メールへの対応
常時接続の危険性
スパイウェアに注意
フィッシング詐欺に注意
携帯電話におけるセキュリティ確保の重要性と対策
ファイル共有ソフトの利用とその危険性
ワンクリック詐欺の概要
USBメモリからのウイルス感染
ボットの危険性と対策
インターネットにおける安全性の確保
スマートフォン情報セキュリティ3か条(利用者が最低限取るべき情報セキュリティ対策)
ソフトウェアを最新に保とう

セキュリティホールを放置すると危険 OSWebブラウザ電子メールソフトOfficeアプリケーションなどのソフトウェアには、時間の経過とともに、セキュリティホールと呼ばれる不具合が発見されることがあります。セキュリティホールは、プログラムの不具合や設計ミスに起因して起こるものですが、それらを修正するためのパッチなどの修正プログラムが、メーカーから配布されています。

 セキュリティホールを放置していると、たとえウイルス対策ソフトを入れて、最新版のウイルス検知用データに更新していたとしても、ウイルスに感染してしまったり、ウイルス付きの電子メールを知人に自動的に送ってしまったり、悪意のあるホームページを見ただけでコンピュータシステムが破壊されてしまったりすることがあります。

 セキュリティホールを修正するために、修正プログラムがメーカーやソフトウェアのホームページ等で配布されています。攻撃者は、パッチが適用されるまでのわずかな時間を狙って攻撃をかけてきますので、自分が使っているソフトウェアの製品名やメーカー名を調べ、直ちに修正プログラムを適用する必要があります。

アニメーションで説明を見る

(2009年3月更新)

国民のための情報セキュリティサイトトップへ