国民のための情報セキュリティサイト 国民のための情報セキュリティサイト
アニメの使い方更新履歴このサイトの利用方法サイトマップリンク集ダウンロードお問い合わせ
対策一般利用者フィッシング詐欺に注意 トップページへ戻る
「エンドユーザー」の情報セキュリティ対策:一般利用者
インターネットの匿名性
個人情報の取り扱い
プライバシーの保護
ウイルスに注意
悪意のあるホームページ
ソフトウェアを最新に保とう
ネットオークションにおける危険性
ショッピングサイトの利用
チェーンメールの問題点
迷惑メールへの対応
常時接続の危険性
スパイウェアに注意
フィッシング詐欺に注意
携帯電話におけるセキュリティ確保の重要性と対策
ファイル共有ソフトの利用とその危険性
ワンクリック詐欺の概要
USBメモリからのウイルス感染
ボットの危険性と対策
インターネットにおける安全性の確保
スマートフォン情報セキュリティ3か条(利用者が最低限取るべき情報セキュリティ対策)
フィッシング詐欺に注意

フィッシング詐欺 フィッシング詐欺とは、送信者を詐称した電子メールを送りつけたり、偽の電子メールから偽のホームページに接続させたりするなどの方法で、クレジットカード番号、ユーザー名パスワードといった重要な個人情報を盗み出す行為のことを言います。なお、フィッシングはphishingという綴りで、魚釣り(fishing)と洗練(sophisticated)から作られた造語であると言われています。

 最近では、電子メールの送信者名を詐称し、もっともらしい文面や緊急を装う文面にするだけでなく、接続先の偽のホームページを本物のWebサイトとほとんど区別がつかないようにするなど、少しずつ手口が巧妙になってきており、ひと目ではフィッシング詐欺であるとは判別できないケースが増えてきています。

 フィッシング詐欺に対しては、明確な対策が取りにくいものですが、電子メールで送信されてきた案内に対して、送信者名や電子メールの内容を鵜呑みにしないこと、ホームページでの登録にSSLという暗号化技術が採用されているかということを確認すること(通常、クレジットカード番号などの重要な個人情報の登録では、SSLを利用します)などの対策を取るようにしてください。

 何よりも、むやみにホームページで個人情報や重要な情報を登録することを避けることが大切です。フィッシング詐欺であると判断できない場合には、送信元の会社に連絡をしてみるのもよいでしょう。ただし、電子メールに記載されている相手の情報は正しいものとは限らないため、電話を掛ける場合には必ずホームページや電話帳などで連絡先の電話番号を調べるようにしてください。

アニメーションで説明を見る

ページ参照事例15:クレジットカード番号が盗まれた

(2009年3月更新)

国民のための情報セキュリティサイトトップへ