国民のための情報セキュリティサイト 国民のための情報セキュリティサイト
アニメの使い方更新履歴このサイトの利用方法サイトマップリンク集ダウンロードお問い合わせ
対策一般利用者携帯電話におけるセキュリティ確保の重要性と対策 トップページへ戻る
「エンドユーザー」の情報セキュリティ対策:一般利用者
インターネットの匿名性
個人情報の取り扱い
プライバシーの保護
ウイルスに注意
悪意のあるホームページ
ソフトウェアを最新に保とう
ネットオークションにおける危険性
ショッピングサイトの利用
チェーンメールの問題点
迷惑メールへの対応
常時接続の危険性
スパイウェアに注意
フィッシング詐欺に注意
携帯電話におけるセキュリティ確保の重要性と対策
ファイル共有ソフトの利用とその危険性
ワンクリック詐欺の概要
USBメモリからのウイルス感染
ボットの危険性と対策
インターネットにおける安全性の確保
スマートフォン情報セキュリティ3か条(利用者が最低限取るべき情報セキュリティ対策)
携帯電話におけるセキュリティ確保の重要性と対策

携帯電話に格納された個人情報  携帯電話の中には、アドレス帳、スケジュール、他人とやり取りした電子メールなど、とても重要な情報が格納されています。また、最近では、買い物ができたり、乗り物の切符やイベントの入場券代わりに使用できたりする携帯電話も登場してきており、ますます便利になってきています。

 しかし、携帯電話に多くの個人情報が格納され、お金の代わりに使用できるようになってくると、情報セキュリティ対策が重要になってきます。実際に、携帯電話に格納された個人情報を目的として、廃棄された携帯電話を売買するといった事例も発生しています。

 携帯電話を毎日持ち歩いて使用するのであれば、紛失したり盗難されたりする可能性が高くなります。そのような対策として、本人しか携帯電話を使用できないようにするロック機能を装備した携帯電話の利用を検討するのもひとつの方法です。ただし、パスワード(暗証番号)の設定にあたっては、ランダム番号など容易に推測されないものとしておくことが不可欠という認識が大切です。なお、携帯電話を廃棄する際には、必ず登録されているアドレス帳電子メールなどの個人情報を消去してから廃棄するようにしてください。

 さらに、最近ではワンクリック詐欺と呼ばれる行為が増えています。ワンクリック詐欺電子メールを送信して、Webサイトにおびき寄せ、半ば脅迫のような手口で支払いを強要する行為のことです。その対策として、メールアドレスを他人には推測しにくい複雑なアドレスに変更することも大切です。

 便利な携帯電話であるからこそ、安心して利用するためには、常に情報セキュリティ対策に気を配ることを忘れないようにしなければならないと言えます。

ページ参照ワンクリック詐欺の概要

国民のための情報セキュリティサイトトップへ