国民のための情報セキュリティサイト 国民のための情報セキュリティサイト
アニメの使い方更新履歴このサイトの利用方法サイトマップリンク集ダウンロードお問い合わせ
対策一般利用者ボットの危険性と対策 トップページへ戻る
「エンドユーザー」の情報セキュリティ対策:一般利用者
インターネットの匿名性
個人情報の取り扱い
プライバシーの保護
ウイルスに注意
悪意のあるホームページ
ソフトウェアを最新に保とう
ネットオークションにおける危険性
ショッピングサイトの利用
チェーンメールの問題点
迷惑メールへの対応
常時接続の危険性
スパイウェアに注意
フィッシング詐欺に注意
携帯電話におけるセキュリティ確保の重要性と対策
ファイル共有ソフトの利用とその危険性
ワンクリック詐欺の概要
USBメモリからのウイルス感染
ボットの危険性と対策
インターネットにおける安全性の確保
スマートフォン情報セキュリティ3か条(利用者が最低限取るべき情報セキュリティ対策)
ボットの危険性と対策

ボットの危険性 ボット(BOT)とは、コンピュータを外部から遠隔操作するためのコンピュータウイルスで、ボットに感染したコンピュータはボットネットワークの一部に組み込まれてしまいます。悪意のあるハッカーは、ボットネットワーク上のコンピュータをインターネットから遠隔操作することで、持ち主の知らないうちに「迷惑メールの配信」、「インターネット上のサーバーへの攻撃」、「感染活動」などの迷惑行為や犯罪行為を行ないます。また、感染したコンピュータに含まれる個人情報やコンピュータを操作した情報を盗み出す「スパイ活動」も行なうことがあります。

 ボットは、旧来のウイルスのように愉快犯的な行為で作られたものではなく、迷惑メールの送信者や個人情報を不正に利用しようとする犯罪者と取引するために作られているという点が手口の巧妙化の要因のひとつとなっています。そのため、旧来のウイルスと比べると、感染しているということに気付きにくくしているというのも特徴のひとつです。なお、ボット対策プロジェクト「Cyber Clean Center(サイバークリーンセンター)」が2008年6月に国内のボット感染者数を調査したところ、ブロードバンドユーザー約3000万人のうち約30万人(感染率約1%)と推計されています。

 ボットに感染したコンピュータは大量に迷惑メールを送信したり、別のサイトを攻撃したりするため、被害を受けたコンピュータから見ると、ボットに操られたコンピュータが加害者に見えます。あなた自身が加害者にならないようにするためにも、ボットへの対策はとても大切なことと言えます。

 ボットへの対策としては、以下を心がけるようにしてください。
ウイルス対策ソフトサービスの導入とウイルス検知用データの更新
セキュリティホールを塞ぐためのOSやソフトウェアのパッチの適用
パーソナルファイアウォールブロードバンドルーターの導入

 特に、コンピュータにグローバルIPアドレスが直接割り当てられている場合には、ブロードバンドルーターを設置するとインターネットから直接コンピュータを操作しにくくなり、ファイアウォール機能によってある程度の攻撃から防御することができるようになります。常時接続回線を使用している場合にブロードバンドルーターを利用していない場合には、できるかぎりブロードバンドルーターの設置を検討してください。

ページ参照知識:ボットとは?
ページ参照Cyber Clean Center(サイバークリーンセンター)

(2009年3月作成)

国民のための情報セキュリティサイトトップへ