国民のための情報セキュリティサイト 国民のための情報セキュリティサイト
アニメの使い方更新履歴このサイトの利用方法サイトマップリンク集ダウンロードお問い合わせ
対策一般利用者インターネットにおける安全性の確保 トップページへ戻る
「エンドユーザー」の情報セキュリティ対策:一般利用者
インターネットの匿名性
個人情報の取り扱い
プライバシーの保護
ウイルスに注意
悪意のあるホームページ
ソフトウェアを最新に保とう
ネットオークションにおける危険性
ショッピングサイトの利用
チェーンメールの問題点
迷惑メールへの対応
常時接続の危険性
スパイウェアに注意
フィッシング詐欺に注意
携帯電話におけるセキュリティ確保の重要性と対策
ファイル共有ソフトの利用とその危険性
ワンクリック詐欺の概要
USBメモリからのウイルス感染
ボットの危険性と対策
インターネットにおける安全性の確保
スマートフォン情報セキュリティ3か条(利用者が最低限取るべき情報セキュリティ対策)
インターネットにおける安全性の確保

重要!
 インターネットを安全に利用するためには、ユーザー自身が危険性をきちんと理解した上で、正しい情報セキュリティ対策を講じなければなりません。主な情報セキュリティ対策には、以下のようなものがあります。これらを参考にして、安全にインターネットを利用してください。

 インターネットではネットストーカーなどの危険性があるので、むやみに個人情報をホームページや電子掲示板に掲載してはいけません。また、信頼できないホームページへの個人情報の登録はできるだけ避けましょう。

ページ参照個人情報の取り扱い

 本人に断りなく、他人のプライバシーに関わる情報をインターネットで公開してはいけません。場合によっては、プライバシー侵害や名誉毀損に抵触することがあります。また、他人の電子メールを無断で読むことも、プライバシーの侵害です。

ページ参照プライバシーの保護

 ウイルスは、電子メールやホームページ、CD-ROM、ネットワーク共有フォルダなど、さまざまな経路から侵入してきます。安全にコンピュータを利用するためには、ウイルス対策ソフトの導入や、プロバイダによるウイルス対策サービスの利用が必須です。なお、ウイルス対策ソフトを導入した場合には、ウイルス検知用データを常に最新の状態にしておかなければなりません。
 また、ウイルスに感染しないようにするためには、知らない人からの電子メール添付ファイルを不用意に開かないようにするなどの注意も必要です。

ページ参照ウイルスに注意

 悪意のあるホームページでは、閲覧するだけでコンピュータシステムを破壊したり、ウイルスに感染させたり、情報を盗み出したりすることがあります。これらのホームページはできるだけ閲覧しないようにすることと、ウイルス対策ソフトの導入やプロバイダによるウイルス対策サービスの利用が必要です。

ページ参照悪意のあるホームページ

 ウイルス対策ソフトを入れたり、プロバイダによるウイルス対策サービスを利用するだけではなく、Webブラウザ電子メールソフトOSOfficeアプリケーションなどのソフトウェアにパッチを継続的に導入することが必要です。

ページ参照ソフトウェアを最新に保とう

 ネットオークションショッピングサイトの利用には、相手が信頼できるかどうかをきちんと見極めることが大切です。

ページ参照ネットオークションにおける危険性
ページ参照ショッピングサイトの利用

 不特定多数の人々の間で、連鎖しながら広まっていく電子メールチェーンメールと言います。このようなチェーンメールを受け取ったとしても、むやみに人に転送してはいけません。

ページ参照チェーンメールの問題点

 信頼できないホームページで安易にアンケートに答えたり、電子掲示板に自分のメールアドレスを投稿することは避けましょう。

ページ参照迷惑メールへの対応

 常時接続回線を利用したり、無線LANを使用したりする場合には、外部からの不正アクセスによる危険があります。安全な利用のためには、不正侵入への対策が必要です。

ページ参照常時接続の危険性

 コンピュータにインストールされて、ユーザーの知らないうちにインターネットに対して個人情報やコンピュータの情報などを送信するソフトウェアをスパイウェアと言います。スパイウェアは、プライバシーや個人情報を守る上で、大きな問題になることもあるため、注意しなければなりません。

ページ参照スパイウェアに注意

 銀行やクレジットカード会社などから、指定されたホームページで個人情報やカード番号などの登録を要求する内容の電子メールが送られてくることがあります。このような場合には、自分が利用している会社の名義であっても、その内容を鵜呑みにせずに、必ず送信元の会社に確認するようにしてください。

ページ参照フィッシング詐欺に注意

 携帯電話には、アドレス帳(電話帳や住所録)、スケジュール、他人とやり取りした電子メールなど、とても重要な情報が格納されています。日頃、携帯電話を持ち歩く場合には、紛失や盗難によって、これらの情報が盗み出されないように注意しなければなりません。

ページ参照携帯電話におけるセキュリティ確保の重要性と対策

 ファイル共有ソフトとは、インターネット上でファイルをやり取りするソフトウェアのことです。しかし、ウイルスに感染して、自分のコンピュータの中身が公開されてしまうといったトラブルが続出しています。

ページ参照ファイル共有ソフトの利用とその危険性

 ワンクリック詐欺とは、電子メールWebサイトに誘い出して、そのWebサイトを訪問した人に対して、脅迫めいた手口で料金の振り込みを迫るという詐欺行為のことです。

ページ参照ワンクリック詐欺の概要

 USB媒介ウイルスは、コンピュータにUSBメモリを差し込んだだけでウイルスに感染します。その後、感染したコンピュータに差し込まれたUSBメモリが次々に感染していきます。USBメモリを利用する場合には、USB媒介ウイルスに注意しなければなりません。

ページ参照USBメモリからのウイルス感染

 ボットはコンピュータを外部から遠隔操作するためのウイルスで、コンピュータを悪用することを目的に作られたものです。ボットに感染すると、あなたのコンピュータは遠隔操作によって、「迷惑メールの配信」、「インターネット上のサーバーへの攻撃」、「感染活動」などの迷惑行為や犯罪行為を行ないます。

ページ参照ボットの危険性と対策

(2009年3月更新)

国民のための情報セキュリティサイトトップへ