国民のための情報セキュリティサイト 国民のための情報セキュリティサイト
アニメの使い方更新履歴このサイトの利用方法サイトマップリンク集ダウンロードお問い合わせ
対策プロバイダ利用者電子掲示板へのいやがらせ トップページへ戻る
「ホームページ開設者」の情報セキュリティ対策:プロバイダ利用者
著作権侵害に注意
個人情報の公開の危険性
電子掲示板へのいやがらせ
パスワードに注意
掲示板に個人情報が公開された場合の対処方法
電子掲示板へのいやがらせ

電子掲示板へのいやがらせ ホームページに電子掲示板を設置すると、悪口などの書き込みや無意味な文字の貼り付け、不正な動作を行うHTMLタグの書き込みなどの迷惑行為を受けることがあります。これらの行為は、ほとんどの場合がホームページの開設者へのいやがらせを目的として行われます。

 このような迷惑行為への対策は簡単ではありませんが、ホームページに、迷惑行為の禁止や不適当と思われる発言は削除しますといった旨の規約をはっきりと明記しておくようにしましょう。

 また、電子掲示板のプログラムによっては、禁止用語の設定、特定のリモートホストからのアクセス制限、連続書き込みの禁止などの対策が可能になっているものもあります。迷惑行為がひどい場合には、電子掲示板のプログラムの利用方法を良く調べて、これらの対策を検討してみましょう。

 悪質な迷惑行為を受けた場合には、電子掲示板ログから、投稿日時、投稿者のリモートホスト名、IPアドレス、投稿内容の情報を抜粋して保管しておくようにします。どうしても、迷惑行為が継続する場合には、抜粋したログを調べて、相手が接続しているプロバイダや企業の管理者に連絡することも手段のひとつとなります。

 いずれにしても、いやがらせへの対策は、管理者本人が行わなければなりません。電子掲示板の管理者であることの責任と権限をよく検討して、防御策を立てるようにしてください。

国民のための情報セキュリティサイトトップへ