国民のための情報セキュリティサイト 国民のための情報セキュリティサイト
アニメの使い方更新履歴このサイトの利用方法サイトマップリンク集ダウンロードお問い合わせ
実践情報管理担当者 トップページへ戻る
「企業・組織」の情報セキュリティ対策-実践編:情報管理担当者
ファイアウォールの導入
セキュリティ診断
安全な無線LANの利用
全コンピュータに対するウイルス対策
情報資産のバックアップ
コンピュータやメディアの廃棄
適切なパスワード管理の推奨
サーバー室の情報セキュリティ対策
不正アクセス防止対策促進に関する優遇措置
情報管理担当者のための情報セキュリティ対策-実践編

 企業や組織が保有している情報資産を安全に利用するためには、情報管理担当者が中心となって、すべてのユーザーに適切な情報セキュリティ対策を実践してもらうことが大切です。また、組織内のネットワークサーバーに対する情報セキュリティ対策も、情報管理担当者が担当すべきものです。

 ここでは、情報管理担当者が実践すべき情報セキュリティ対策について説明します。

  重要!ファイアウォールの導入
  セキュリティ診断
  重要!安全な無線LANの利用
  重要!全コンピュータに対するウイルス対策
  重要!情報資産のバックアップ
  重要!コンピュータやメディアの廃棄
  重要!適切なパスワード管理の推奨
  サーバー室の情報セキュリティ対策
  不正アクセス防止対策促進に関する優遇措置

※特に重要な項目には重要!マークがついています。

ページ参照情報管理担当者のための情報セキュリティ対策

 なお、企業や組織においては、実施する情報セキュリティ対策の方針や行動指針を明確にした情報セキュリティポリシーを策定しておくことが理想的です。情報セキュリティポリシーには、社内規定といった組織全体のルールから、どのような情報資産をどのような脅威からどのように守るのかといった基本的な考え方、ならびに情報セキュリティを確保するための体制、運用規定、基本方針、対策基準などを具体的に記載するのが一般的です。

 また、情報セキュリティポリシーを策定していない場合には、各ユーザーに対して、情報セキュリティ対策の方針や行動指針を明確にするため、以下の内容を参考に、組織幹部と相談して、情報セキュリティポリシーを作成することをお勧めします。

ページ参照必要な情報セキュリティ対策(組織幹部向け)
ページ参照情報セキュリティポリシーの概要と目的(組織幹部向け)
ページ参照情報セキュリティポリシーの内容(組織幹部向け)

国民のための情報セキュリティサイトトップへ