国民のための情報セキュリティサイト 国民のための情報セキュリティサイト
アニメの使い方更新履歴このサイトの利用方法サイトマップリンク集ダウンロードお問い合わせ
実践情報管理担当者全コンピュータに対するウイルス対策 トップページへ戻る
「企業・組織」の情報セキュリティ対策-実践編:情報管理担当者
ファイアウォールの導入
セキュリティ診断
安全な無線LANの利用
全コンピュータに対するウイルス対策
情報資産のバックアップ
コンピュータやメディアの廃棄
適切なパスワード管理の推奨
サーバー室の情報セキュリティ対策
不正アクセス防止対策促進に関する優遇措置
全コンピュータに対するウイルス対策

重要!
 組織内のコンピュータをウイルスから防御するためには、ネットワークに接続するすべてのクライアントおよびサーバーに対して、ウイルス対策を実施しなければなりません。その際には、以下のことに注意してください。

■ウイルス検知用データの更新

ウイルス検知用データの更新 すべてのコンピュータにおいて、ウイルス対策ソフトがインストールされているだけでなく、常に最新のウイルス検知用データに更新されるようにしなければなりません。そのためには、すべてのコンピュータにおいて、ウイルス検知用データの更新の設定を正しく行うことが必要です。

 また、ウイルス対策ソフトによっては、サーバーからすべてのクライアントウイルス検知用データを自動的に配信するためのソフトウェアがオプションとして販売もしくは提供されていることもあります。詳しくは、導入しているウイルス対策ソフトのメーカーに問い合わせてください。

ヒント
 ウイルス検知用データは、ウイルス対策ソフトによって、パターンファイル、ウイルス定義ファイルなどの名前で呼ばれています。


■ウイルス検知用データの契約更新

 ウイルス対策ソフトウイルス検知用データは、メーカーとの契約に基づいてユーザーに配信されます。そのため、すべてのコンピュータにおいて、ウイルス対策ソフトの契約を継続的に更新しなければなりません。契約方法や契約期間については、導入しているウイルス対策ソフトのメーカーに問い合わせてください。

■定期的なウイルススキャンの実行

定期的なウイルススキャンの実行 ウイルス対策を万全にするためには、すべてのコンピュータで定期的なウイルススキャンを実行することが大切です。ほとんどのウイルス対策ソフトでは、指定したスケジュール(毎週金曜日の夜8時など)で、システム全体に対するウイルススキャンを実行することができるようになっています。

 クライアントの場合には、そのコンピュータを使用しているユーザーに、自分のスケジュールに合わせたスケジュール設定を推奨しておくとよいでしょう。また、サーバーの場合には、深夜や早朝など、ユーザーが利用していない時間帯にウイルススキャンを実行しておくように設定しておきましょう。

■個人のコンピュータのネットワークへの接続

 ネットワークに接続されているすべてのコンピュータにウイルス対策ソフトが導入されていたとしても、ウイルス対策ソフトが導入されていない個人のコンピュータが、後からネットワークに接続されてしまうと、ネットワークに接続している他のコンピュータやサーバーウイルスが感染してしまうことがあります。

 そのためには、情報セキュリティポリシーに個人のコンピュータを接続することに対するルール(接続の禁止、またはウイルス対策ソフトの導入されていないコンピュータの接続の禁止)を記載して、組織内にルールを徹底することが大切です。

■ウイルス対策サービスの利用

 ウイルス対策ソフトを導入する以外にも、プロバイダが自社の接続サービスの利用者向けに提供しているウイルス対策サービスを利用する方法もあります。ウイルス対策サービスの提供の有無や提供内容などについては、プロバイダのホームページで確認するか、加入しているプロバイダに問い合わせてください。なお、プロバイダウイルス対策サービスを利用する場合には、プロバイダウイルス検知用データを自動的に更新するため、情報管理担当者やユーザーによる更新作業は不要になります。

 なお、ウイルス対策サービスを利用する場合であっても、個人のコンピュータをネットワークに接続する場合には、事前にウイルススキャンを行なうなどの対処が必要です。

注意
 最近、無料のウイルス対策ソフトのように見せかけて、ウイルスをインストールさせる手口による被害が増えているため、注意してください。その代表的な手口は、ホームページなどで「あなたのコンピュータはウイルスに感染しています」のようなメッセージを表示し、偽のウイルス対策ソフトダウンロードWebサイトに誘導して、ウイルスをインストールさせる方法です。
 ホームページを見ているだけでウイルス対策ソフトのインストールを促された場合には、不用意にリンク先のホームページに接続したり、ソフトウェアをダウンロード/インストールしたりしないようにしてください。


ページ参照知識:ウイルスって何?
ページ参照対策:ウイルスからの防御

(2009年3月更新)

国民のための情報セキュリティサイトトップへ