国民のための情報セキュリティサイト 国民のための情報セキュリティサイト
アニメの使い方更新履歴このサイトの利用方法サイトマップリンク集ダウンロードお問い合わせ
実践社員・職員全般 トップページへ戻る
「企業・組織」の情報セキュリティ対策-実践編:社員・職員全般
ウイルス対策の実践
ソフトウェアの更新
パスワードの検討
定期的なバックアップの実行
コンピュータやメディアの廃棄
社員・職員全般のための情報セキュリティ対策-実践編

 企業や組織内のコンピュータには、業務で利用するためのさまざまな情報資産が格納されています。ここでは、それらの情報資産をさまざまな障害から防御するために、社員や職員が実践すべき情報セキュリティ対策について説明します。

 なお、所属する企業や組織において、情報セキュリティポリシーが策定されている場合には、以下の内容と共に、組織内の情報セキュリティポリシーを参照してください。

  ウイルス対策の実践
  ソフトウェアの更新
  重要!パスワードの検討
  定期的なバックアップの実行
  コンピュータやメディアの廃棄

※特に重要な項目には重要!マークがついています。

ページ参照社員・職員全般のための情報セキュリティ対策

 また、項目としては挙げていませんが、組織内のネットワークにおいて、無線LANを使用している場合には、以下の内容も参照してください。

ページ参照実践:安全な無線LANの利用(情報管理担当者向け)
ページ参照安心して無線LANを使用するために(総務省−情報通信)

国民のための情報セキュリティサイトトップへ