国民のための情報セキュリティサイト 国民のための情報セキュリティサイト
アニメの使い方更新履歴このサイトの利用方法サイトマップリンク集ダウンロードお問い合わせ
実践一般利用者安全な無線LANの利用 トップページへ戻る
「エンドユーザー」の情報セキュリティ対策-実践編:一般利用者
ウイルス対策の実践
ソフトウェアの更新
個人情報の保護
安全なオークションとショッピングサイトの利用
パーソナルファイアウォール・ブロードバンドルーターの導入
安全な無線LANの利用
パスワードの検討と管理
掲示板に個人情報が公開された場合の対処方法
安全な無線LANの利用

重要!
正しい設定で悪意のあるユーザーを遮断 無線LANは、LANケーブルの配線を気にせずに、コンピュータを自由に持ち運べる高い利便性から、一般家庭のネットワークにおいて広く使われるようになっています。しかし、無線LANは無線を利用するという性質上、通信内容の傍受(盗聴)や不正利用、アクセスポイントなりすまし等の危険性が存在することから、利用の際はその危険性を十分認識し、できる限りのセキュリティ設定を行った上で利用するようにしてください。

 無線LANを安全に利用するためには、暗号化の設定を行ってください。現時点では、WPA-PSK方式またはWPA2-PSK方式による暗号化を推奨します(WPA2-PSK方式の方が、より強固な暗号化技術です)。パスワードの設定に関しては、「パスワードの検討と管理」を参照してください。また、文字数は21文字以上としてください。

 無線LAN暗号化方式としては、旧来からWEPという方式がありますが、近年WEP方式を短時間で解読する手法が発見されたという調査結果も発表されており、必ずしも安全ではありません。
 パスワードは、無線LANネットワーク識別子であるSSIDから類推できるようなものにしないよう注意が必要です(SSIDは一般的に公開されて使用されているため)。


 なお、以下の設定を行うことで、第三者からの不正なアクセスを受けにくくなります(ただし、これらの設定は、無線LANの安全性を保証するものではありません)。

MACアドレスによるフィルタリングを設定し、接続するクライアントを制限する。
SSIDを隠す機能(ステルス機能)を利用する。

 上記設定については機種に依存するため、無線LANアクセスポイントに付属しているマニュアルを参照してください。

 また、現在はセキュリティ機能を強化した無線LAN機器が普及していますので、新たに導入を検討しているのであれば、そのような機器を購入することをお勧めします。

ページ参照知識:無線LANの仕組み
ページ参照実践:パスワードの検討と管理
ページ参照安心して無線LANを使用するために(総務省−情報通信)

(2009年3月更新)

国民のための情報セキュリティサイトトップへ