国民のための情報セキュリティサイト 国民のための情報セキュリティサイト
アニメの使い方更新履歴このサイトの利用方法サイトマップリンク集ダウンロードお問い合わせ
実践自設サーバー利用者パスワードの検討 トップページへ戻る
「ホームページ開設者」の情報セキュリティ対策-実践編:自設サーバー利用者
ウイルス対策の実践
ソフトウェアの更新
ファイアウォールの導入
セキュリティ診断
ログのチェック
コンテンツの内容に注意
パスワードの検討
収集した個人情報の管理
パスワードの検討

 自分のコンピュータにログオンしたり、外部から自分のサーバーの管理用サイトにログオンしたり、FTPサーバーにファイルをアップロードしたりする際において、なりすましを防ぐための情報セキュリティ対策には、一般的にパスワードが利用されています。そのため、自設サーバー利用者においても、どのようなパスワードを使用するかということが、とても重要なことであると言えます。

 安全なパスワードは、以下のような条件を満たしていなければなりません。

個人情報からは推測できないこと
   × yamada、tanaka、taro、hanako(名前)
   × 19960628、h020315(生年月日)
   × tokyo、kasumigaseki(住所)
   × 3470、1297(車のナンバー)
   × ruby、koro(ペットの名前)

英単語やよくある名称などをそのまま使用しないこと
   × password、baseball、soccer、monkey、dragon

適切な長さの文字列であること
   × gf、ps

類推しやすい並び方やその安易な組み合わせにしないこと
   × aaaa、0000(同じ文字の組み合わせ)
   × abcd、123456、200、abc123(安易な数字や英文字の並び)
   × asdf、qwerty(キーボードの配列)

 このような条件を満たすパスワードを作ることが困難な場合には、インターネットでダウンロードできるパスワード生成ソフトを利用するという方法も検討してください。パスワード生成ソフトは、指定した条件からランダムなパスワードを作り出してくれる機能を持つソフトウェアです。

安全なパスワードでなりすましを防止

ページ参照対策:パスワードの管理

(2009年3月更新)

国民のための情報セキュリティサイトトップへ