国民のための情報セキュリティサイト 国民のための情報セキュリティサイト
アニメの使い方更新履歴このサイトの利用方法サイトマップリンク集ダウンロードお問い合わせ
知識事故・被害の事例事例6:メールが他人に読まれている? トップページへ戻る
事故・被害の事例
資料請求の情報が漏洩した
私の名前で誰かがメールを
ホームページを見ただけで…
ホームページが書き換えられた
猛威!デマウイルス
メールが他人に読まれている?
ネットストーカーに注意
顧客のメールアドレスが漏洩
対策は万全なはずなのに…
送った覚えがないのに…
オークションの商品が届かない
そんな簡単に儲かるの?
他人のIDで不正にオンライン株取引
中古パソコンによるデータの漏洩
クレジットカード番号が盗まれた
情報セキュリティ対策は万全だったはずなのに・・・
ファイル共有ソフトが原因で・・・
ワンクリック詐欺って怖い・・・
SQLインジェクションでサーバーの情報が・・・
事例6:メールが他人に読まれている?

メールが他人に読まれている? 「Eさん、温泉はどうだった?」
 雑談の中で、なにげなくもらした同僚のF君のひとことに、Eさんは驚きました。週末の旅行は急に決まったため、会社内ではまだ誰にも話していないはずです。そういえば、この前もF君が話していないことを知っているので、不思議に思ったことがありました。あのときは、誰か他の人から聞いたのかな、と思っていたのですが。

 そういえば、この間外から会社に戻ってきたときに、なぜか読んでいないはずの電子メールが既読になっていました。もしかして、F君に電子メールを盗み読まれているのでは・・・。

 このように、他人に電子メールを読まれてしまうという事件は非常に多く発生しています。ほとんどの場合、電子メールユーザー名パスワードだけで読むことができるため、何らかの方法でパスワードを入手してしまえば、他人の電子メールを読むことはそれほど難しいことではありません。実際に犯人が逮捕された事件は、ほとんどが身近な人間による犯行ですが、好きな芸能人の電子メールパスワードを推測して読み出したという珍しい事件も発生しています。

 犯人が逮捕された事件の中には、コンピュータの設定を手伝ってもらう際にパスワードを教えて、その後も変更せずにそのまま利用していたり、簡単に推測できるパスワードを使用していたりなどのように、利用者側の不注意が原因のケースもあるようです。

一言アドバイス
 パスワードは、人に推測されにくいものにして、絶対に他人にわからないように管理しなければなりません。もし、人に知られてしまった可能性がある場合には、すぐに変更するようにしましょう。

アニメーションで説明を見る

ページ参照対策:安全なパスワード管理(社員・職員全般向け)
国民のための情報セキュリティサイトトップへ